約15億人!全世界のネット民の半分がFacebookを利用中

  • LINEで送る
2015.08.09

shutterstock_250743904

同級生や会社の同僚、海外にいる友人まで、たくさんの人とつながれるFacebookはとても便利ですよね。

でも、どのくらいの人がFacebookを利用しているのかご存知でしょうか? 世界最大のソーシャルネットワークであるFacebookは、ユーザー数もすごいんです。

■Facebookは全世界のネットユーザーの半分が利用中

『BBC News』によれば、実に世界の推定インターネットユーザーの半分が、毎月1回以上Facebookにログインしているといいます。

米Facebook社は、少なくともFacebookを使用する人の数は6月末までの3ヶ月間に、13%増の14.9億人になったことを報告しました。

全世界のインターネットユーザーが30億人といわれているので、その半分の数になることがわかります。驚きですよね。

またこれらのFacebookユーザーのうち、半分以上の65%が毎日Facebookにアクセスしていると答えました。

仕事の休憩時間や通勤途中など、空いた時間にスマホでFacebookをつい見てしまう、なんて人も少なくないかもしれません。

■Facebookの2015年4~6月の売上は5,000億円以上

先日Facebookは、第2四半期(4~6月)の決算を発表。売上高は、前年同期比39%増の40億4,000万ドル(約5,025億円)となりました。

そしてモバイルでの広告売上高が全体の4分の3以上を占めており、最大の要因となっています。

マーク・ザッカーバーグCEOは「好調な四半期」と語りましたが、同社の株価は、米ナスダックの時間外取引で3%以上下落しました。

売上は伸びたものの、Facebookはこの四半期の費用と支出が、82%増の27億ドル(約3,358億円)にふくらんだと発表。この結果、純利益が前年同期比9%減の7億1,900万ドル(約895億円)で、1株あたりの利益は25セント(約31円)となりました。

■Facebookはこれから投資などで費用が65%増加予定

ザッカーバーグCEOは、この費用は「継続的投資と改善」だと明かしました。たとえば、Facebookはテキサスに新しいデータセンターを建設することを発表しています。

またFacebookは4月、今年の費用が最大65%増加すると明かしていました。

これは、さまざまな新しい分野への投資や、モバイル収入を目的とする変更、メッセージングアプリのWhatsAppや写真共有アプリInstagramの強化コストなどが理由として挙げられます。

(Facebookは2014年にWhatsAppを買収、2012年にInstagramを買収しています)

ザッカーバーグCEOは、「ビデオの次に没入型の3Dコンテンツが来るのは明らかです」と述べています。そして同社は、VR(仮想現実)ヘッドセットOculus Riftを2016年第1四半期に発売予定だといいます。

費用の増加はあるものの、利用者数はアップしており、モバイル広告収入も伸びているFacebook。今後さらなる成長が期待できそうです。

(文/椎名恵麻)

 

【参考】

Facebook now used by half of world’s online users-BBC News

関連記事