テレビやゲーム禁止は効果ある?増える子どもの学習時間は3分弱

  • LINEで送る
2015.08.14

suzie.20150814

教育経済学とは、「データ」に基づき、教育を経済学的な手法で分析する応用経済学の一分野。

『「学力」の経済学』(中室牧子著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者は教育経済学者であり、つまり本書ではそんな立場から、教育についての是非を掘り下げているのです。

子どもの教育について、「なにが正しいのか」で悩んでいる方にとって必読の情報が満載された一冊。

きょうはそのなかから、気になる「学習時間」についての記述をご紹介したいと思います。

テレビやゲームをやめても学習時間は増えない

著者らの分析の結果、テレビやゲームが子どもの肥満や問題行動、学習時間に与える影響は小さいことがわかったそうです。

ただし、テレビやゲームと学習時間の間には、負の因果関係があることも示されているのだとか。

つまり「テレビやゲームをやめさせれば、子どもの学習時間は増える」という考え方は間違いではないわけですが、問題はその大きさ。

なぜなら、テレビやゲームを1時間やめさせたとしても、男子は最大1.86分、女子は最大2.70分しか学習時間が増加しないことが明らかになったからだといいます。

ただしテレビやゲームは学習に悪影響もある

どうしてそんなことになるのでしょうか?

理由はいたってシンプルです。テレビやゲームの時間を制限しても、子どもがそのまま机に向かって勉強するようになるわけではないから。

テレビやゲームを制限されたら、スマホでチャットするとか、インターネットで動画を見るなど、他の遊びに移行するだけだというわけです。

しかしその一方、著者らの研究では、テレビ視聴やゲーム使用の時間が長くなりすぎると、子どもの発達や学習への悪影響が飛躍的に大きくなることが示されているそうです。

テレビやゲームは1日1時間程度なら問題なし

そうなると気になるのは、どれくらいのテレビ視聴やゲーム使用なら無害なのだろうかということ。

ところが、1日に1時間程度のテレビ視聴やゲーム使用が子どもの発達に与える影響は、まったくテレビを観ない・ゲームをしないのと変わらないことが示されたのだとか。

とはいえ、1日2時間を超えると、子どもの発達や学習時間への負の影響が飛躍的に大きくなることも明らかになっているそうです。

だとすれば、子どもが1日1時間程度、テレビを観たりゲームをしたりすることで息抜きをするのは、決して悪いことではないということになります。だから、罪悪感を持つ必要はないわけです。

「『テレビやゲームは有害だ』というのは、その昔『ロックンロールを聞くと不良になる』といわれたのと同様、単に人々の直感的な思い込みを強く反映した時代遅れのドグマにすぎないのです」

著者のこのことばには、なんだか強い説得力があるように思えます。

(文/印南敦史)

 

【参考】

※中室牧子(2015)『「学力」の経済学』ディスカヴァー・トゥエンティワン

関連記事