「美しさと賢さ」どっちがほしい?79%の女性の意外な回答は…

  • LINEで送る
2015.08.14

shutterstock_65114182

みなさんは、美しい女性になりたいですか? それとも賢い女性になりたいですか?

『Yahoo Beauty』では、この質問に対する世界中の女性の回答が紹介されています。

内面の方が大切だとはいうものの、やはり外見は大きな判断基準。世界の女性たちは外見について、どのように考えているのでしょうか?

■79%の女性が「美しさ」より「賢さ」を選んだ

この質問をしたのは、化粧品ブランドのクリニーク。さまざまな国の18歳以上の女性8,000人に、美しさと幸せについて質問したのです。

「あなたは美しくなりたいですか?賢くなりたいですか?」という質問には、全体の79%が「美しくなるより賢くなりたい」と回答しました。見た目で判断されることの多い現代ですが、「賢さ」をいちばんの価値だと考えている女性も多いようです。

また、「美人だと仕事で正当に評価されないと感じますか?」という質問には、ほとんどが「そう感じない」と回答。「美人は仕事で尊敬されないと感じる」と回答したのは全体の3分の1ほどでした。しかし少ないとはいえ、美人だと損をする職場も、ないわけではないのですね。

アジアの女性は見た目も大事にする傾向

この回答は国によっても少し違っています。「賢さ」を選んだ人がいちばん多かったのはイタリアで、その割合はなんと90%。アメリカは84%でした。

少なかったのは韓国の61%と中国の71%。アジアの国のほうが見た目を気にする傾向にあるようです。日本でも見た目は大事なポイントですが、たしかに外見から自信をつけていく方法もありますよね。

幸せにしてくれるものはやっぱり「お金」!

では世界の女性は、なにが自分を幸せにしてくれると思っているのでしょうか。

この答えはかなりバラつきがありました。国はもちろん、年齢や環境によってもずいぶん違うようです。

アメリカの女性は優先度の高い順に、お金を稼ぐこと、痩せること、自分に自信を持つことで幸せになれる、と回答しました。一方サウジアラビアの女性は、強い信仰を持つこと、教育を受けること、そしてお金を稼ぐこと、と回答しています。

また興味深いのは、サウジアラビアと日本以外の18カ国の女性たちが、年齢に関わらず「お金を稼ぐこと」をいちばんに挙げたこと。たしかなものを感じにくい現代、お金は大きな武器になります。ただ日本で「お金」がいちばんではなかったのは、ちょっと意外な結果ですね。

女性の生き方が多様化して、いろいろな生き方が認められるようになりました。いつの時代も、女性には「美しさ」が求められますが、もうそんなことは気にしなくてもいいのかも。

幸せのために自分のための「美しさ」を考え、自由に生きていきましょう!

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

Study Says 84% of Women Would Rather Be THIS Than Beautiful―Yahoo Beauty

関連記事