朝起きてから5分の間でできる!最高の1日になる簡単な行動7つ

  • LINEで送る
2015.08.16

shutterstock_249062593

朝起きてからの5分間をどう過ごすかで、1日が決まるといっても過言ではありません。しかし、「あと5分だけ……」と二度寝したくなるのも人間の性(さが)。そこで、起きてからの5分間になにをするか、あらかじめ決めておいてはいかがでしょうか?

ルーティーンにできればこちらのもの。ストレスを感じず、すっきり起きることができます。

今回は『POPSUGAR』の記事を参考に、朝起きてから5分の間にするべきことのリストをまとめました。朝を有意義に過ごして、素晴らしい1日を過ごしましょう!

■1:アラームを消す(30秒)

ベッドから手の届かないところへ目覚まし時計を置いたら、アラームをオフにするためにまずは起き上がりましょう。アラームが鳴っているのにぐずぐずしていたら、さわやかな朝も台なし。

アラームが鳴ったら迷わず起きて、家族か同居人か自分自身に「おはよう!」と笑顔で挨拶をしましょう。続けていくと「アラームと同時に楽しい1日がはじまるんだ!」という感覚がインプットされていきます。

■2:カーテンを開け、日の光を入れる(10秒)

体内時計は、光でリセットされます。脳に「朝だよ!」という信号をしっかり送ってあげましょう。日の光を体と部屋の両方にいっぱい取り込んで、気持ちのいい朝をスタートさせましょう。

■3:日光を浴びながら、体を動かす(1分)

カーテンを開けたら、まずは軽く体を動かしましょう。体に「今日も1日頑張ろう」というウォーミングアップの合図を与え、スイッチをオンにするのです。

短いようで、1分は長いもの。意外にしっかり運動できます。ジャンプしてみたり、伸びをしてみたり、簡単な筋力トレーニングやストレッチなど、内容はお好きにどうぞ。

■4:今日やることに思いを巡らせる(1分)

目を閉じて、今日1日に起きるであろうこと、やるべきことを思い出しましょう。忘れてはいけない大切なことがきちんと頭に入っていれば、スムースに過ごすことができます。上司との会話も楽しめるし、ミーティングだってうまくいく。よいイメージを持てば、それが現実になるのです。

■5:感謝する(30秒)

朝起きられたこと、生きていること、目の前に家族やパートナーがいること……なんだっていいのです。いま、なにに感謝しているか、声に出していってみましょう。愛情深く優しさいっぱいに生きていくために、朝感謝のことばを口にすることは大切です。

■6:ベッドを整える(1分)

寝る場所を綺麗に整えてしまえば、もう1度横たわりたいという欲求は小さくなるはずです。長い1日を終えたとき帰ってくる寝床が心地よいものであるように、朝のうちに綺麗にしておきましょう。服をたたみ、ベッドを整え、テーブルを片づけるのです。

■7:歌う(50秒)

最後の50秒で、音楽を聴きながら歌を歌いましょう。歌は脳内にエンドルフィン(※幸福感を感じるホルモン)を分泌させる作用があります。朝の5分間最後の時間にテンションが上がり、体にエネルギーが行きわたります。

たった5分間でできる簡単なことで、1日のはじまりは完璧なものになります。習慣化できれば、最高の1日が送れるようになるでしょう。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

The 5-Minute Morning Routine For Your Best Day Ever-POPSUGAR

関連記事