メイクは3分で整えればOK!忙しい朝を制する時短ルール10種

  • LINEで送る
2015.08.21

shutterstock_123559897

朝、どうしても起きられなくて、髪もメイクも服装もいいかげんになっていませんか?

でも、それでは、せっかくの魅力が台なし。身支度にかかる時間を短くすれば、明るく自信に満ちた健康的な女性になれるかもしれません。

そこでアメリカの美容情報サイト『Divinecaroline』から、忙しい朝を制するための心得を10個ご紹介しましょう。

■1:朝はヘアスタイルからスタートする

メイクはあとから挽回できても、ヘア・アイロンなどの髪型に関する身支度は、家でしかできません。だから、ここから始めてみましょう。朝の準備がぐんと楽にスピーディになりますよ。

■2:メイクを3分で整える

『マイナビウーマン』のアンケートによると、女性の朝の身支度で時間がかかるものの1位はメイク。

でも、時短メイクさえ身につけることができれば、どこへ行っても怖いものなし。

「メイクを整える」とは、完璧なメイクのことではありません。3分である程度まで完璧に近づけ、仕上げはいつでもできるようにしておけばいいのです。

まず、自分にとっていちばん外せないものはなにかを見極めましょう。下地クリーム?  コンシーラー? またはハイライト?

もし仕上げのボリュームアップのマスカラやアイライナーなら、あとからでも間に合います。思い切って、朝のメイクには入れないようにしましょう。

■3:自宅のカギをバッグに入れる

「鍵の定位置はバッグ」と決めておけば、出掛けに見つからなくて焦ることも、自宅を飛び出したあとに慌てることもなくなります。

■4:定番アクセサリーは玄関近くに飾る

腕時計やシンプルなアクセサリーなど、「これだけあれば外出できる」という毎日身に着けるものは、玄関近くの小さなお皿などに入れておきましょう。

飾り気のないシンプルな玄関なら、あえてアクサリーを目に見えるところに置けばインテリアとしても効果的かも。

■5:着ていく服は前夜に決める

この習慣はすでに実践している人も多いかと思いますが、まだの人はぜひ試してみてください。これだけで、劇的に朝の時間にゆとりが生まれます。たとえば、次の日のジャケットを決めておくだけでも大違いです。

■6:シリアルバーをバックに常備する

朝食抜きでは健康で明るい1日を始められません。外出後でもササッと食べられて、栄養価のあるシリアルバーなどをバッグに常備しておきましょう。

■7:バッグの中身を前夜にチェックする

朝一のミーティングためにいつもより早く出なければいけない日なら、バッグの中身を前夜にチェックしておきましょう。

また、簡単な朝食とランチの準備をしておくのも手です。ランチならたまには、レトルトをオフィスでチンしたてもいいじゃないですか。

■8:朝のコーヒーも前夜に用意する

朝起きて、スイッチひとつでコーヒーを入れられるようにしておく。コーヒーメーカーなら、粉とお水をセットしておく。カップごとのドリップなら、マグの上にセットしてお湯がすぐに湧かせるように水をいれておく。これだけでも、朝の1~2分の節約になります。

■9:朝用のプレイリストを作る

お気に入りの曲を並べたプレイリストをつくりましょう。アップテンポで明るくなる曲がオススメです。そうすれば、曲が終わるまでにメイクをして、服を着替えるなど、ノリノリの気分で自然と時間が読めるようになります。

■10:部屋の整理整頓をする

昼も夜もスケジュールいっぱいのアラサー女子が、わかっていても後回しにしがちなことが部屋の片づけ。でも、最初から空間がスッキリしていれば、朝のバタバタも減って気分もスッキリするはず。

✳︎

いきなりすべてを実践するのは大変かもしれませんが、どれかひとつ、できそうなことから初めてみてはいかがでしょうか?

朝の数分を節約できるだけで、ばっちりメイクじゃなくても心の余裕が生まれてキレイになれますよ!

(文/Zoe)

 

【参考】

女子が、朝の身支度で時間がかかるものTOP3-マイナビウーマン

10 Time-Saving Tips for the Morning-Divine Caroline

関連記事