羽田空港の忙しさはアジアで2番目!世界で最も混雑する空港8つ

  • LINEで送る
2015.08.25

shutterstock_39815740

格安航空会社の就航や企業の国際化に伴って、航空業界自体がますます発展しています

アメリカの航空会社は、2015年6月1日から8月21日の間に、2億2,200万人もの人々がアメリカの飛行機に搭乗すると予測しています。

これは、2007年に記録された最高搭乗人数を超えるもの。国際線では利用者が3,100万人を超えるのではないかといわれています。世界中の空港が、さらに混雑化してしまうかもしれませんね。

今回は『BUSINESS INSIDER』の記事を参考に、世界でもっとも混雑している8つの空港についてまとめました。

■1:シャルル・ド・ゴール空港(フランス)

[乗客数:6,380万/オーナー&オペレーター:仏パリ空港公団]

元フランス大統領の名にちなんで名づけられ、1974年に完成。現在ではヨーロッパで2番目に利用される空港となりました。

ターミナル1は7つのサテライト・ビルに囲まれ、ユニークな円形大広間のデザインが有名です。エールフランスの主要なハブ空港として機能し、デルタ航空にとっても主要な空港です。

■2:シカゴ・オヘア国際空港(アメリカ)

[乗客数:6,990万/オーナー:シカゴ市/オペレーター:シカゴ航空会社]

1955年のオープン以来、常に世界でもっとも忙しいハブ空港のひとつ。

現在でも88万8000回以上の航空機発着回数を誇るオヘア国際空港ですが、4月21日から1年かけて、さらに拡大していく予定です。40もの異なる航空会社が、60以上の海外目的地への直行便を設けます。

■3:ドバイ国際空港(アラブ首長国連邦)

[乗客数:7,040万/オーナー:ドバイ政府/オペレーター:ドバイ航空会社]

アラブ首長国連邦で最大の空港であるドバイ国際空港は、世界でもっとも海外旅行者が多く訪れる空港です。2014年には、海外からの旅行者約70万人に利用されました。空港内の免税店であるドバイデューティーフリーは、2013年に18億ドルも売り上げ、世界で最も成功した空港の小売業者となりました。ターミナル3は、2008年に完成後2013年まで世界最大の建物でした。

■4:ロサンゼルス国際空港(アメリカ)

[乗客数:7,060万/オーナー:ロサンゼルス市/オペレーター:ロサンゼルス国際空港]

ロサンゼルス国際空港は、世界で5番目に忙しい空港です。しかしそれだけではありません。他の空港にくらべ、乗り継ぎで利用する人よりも、旅の最終目的地としてロサンゼルスに訪れる利用者が多いのです。2013年から2014年にかけて、乗客は前年比6%増加しました。世界で最も混雑率がアップした空港のひとつといえます。

■5:羽田空港(日本)

[乗客数:7,280万/オペレーター:国土交通省 航空局、日本空港ビルデング株式会社、東京国際空港ターミナル株式会社]

「東京国際空港」としても知られる、アジアで2番目に忙しい空港。年間90万人の乗客が処理可能です。

2020年夏季オリンピックの誘致に成功した2013年から2014年、旅客輸送の前年比成長率は5.7%でした。さらなる増加を見越して、政府はより一層の空港拡大化を計画しています。

■6:ロンドン・ヒースロー空港(イギリス)

[乗客数:7,340万/オーナー:ヒースロー空港ホールディングス/オペレーター:ヒースロー空港]

何年もの間、国際旅客輸送の面では世界でもっとも忙しい空港でした。

85カ国185の目的地へ就航し、2014年には93%という高い海外旅行者利用率を誇りました。

なお、以前はロンドン空港と呼ばれていましたが、空港をつくるため1944年に破壊された村に敬意を表して、1966年に「ヒースロー」と名づけられました。

■7:北京首都国際空港(中国)

[乗客数:8,610万/オペレーター:北京首都国際空港株式会社]

アジアでもっとも忙しい空港で、2014年ではの利用者数は羽田空港を1300万人上回りました。2008年に開催された夏季オリンピックの準備のため、巨大なターミナル3を増設。これは現在でも世界で6番目に大きな建物です。

中国国際航空のハブ空港としても機能し、120以上の目的地と北京を結んでいます。

■8:ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港(アメリカ)

[乗客数:9,610万/オーナー:アトランタ市/オペレーター:アトランタ航空会社]

1980年9月にオープン。1998年以来、世界で最も忙しい空港であるといわれ続けています。離着陸の面では、世界で2番目の忙しさ。ここまで利用される理由には、米国内のあらゆる場所からアクセスのいいアトランタの便利な地理が関係しています。わずか2時間のフライトで、米国の人口の80%がこの空港を利用できるのです。

ハブ空港はもちろん、国全体の空港数や、空港を利用する乗客の利用傾向など、さまざまな理由で混雑率は上がっているようです。今後は空港の混雑も視野に入れ、スケジュールを計画する必要がありそうですね。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

The 8 busiest airports in the world-BUSINESS INSIDER

関連記事