抗うつ剤の処方が27%も多い!再婚男性はうつ病になりやすい?

  • LINEで送る
2015.08.29

shutterstock_215059000

離婚したことがない人と再婚した人では、どちらが幸せなのでしょうか?

離婚を我慢してストレスをため続けてしまうのも、新しい家族と新しい生活を始めるのも、どちらもなかなか大変そうですよね。

幸せのあり方については一概にいえませんが、『Daily Mail Online』によれば、再婚した男性のほうがうつ病になりやすいことがわかったのだそうです。

新しい生活をはじめると気苦労が多いのでしょうか……? 結婚相手の男性がバツイチだという女性も必見です。

■再婚した男性は抗うつ剤の処方が27%も多い!

再婚した男性はうつ病になりやすいということが、最近の研究で判明しました。

なんと再婚した男性は、離婚したままの男性よりも、抗うつ剤を処方された人の方が多かったのです。この研究は1952年から1956年の間に生まれた20万人のスウェーデン人男性を対象に行われました。

研究の対象となった男性は、58歳になるまで結婚した経歴と健康のデータが追跡されました。すると、1985年に約30歳になった男性のうち、72,246人が離婚していたのだそうです。

今回の研究では、このなかで再婚した男性と、しなかった男性のうつ病発症率が調べられました。

すると、再婚した男性はそうでない男性より27%多く抗うつ剤を処方されていることが明らかに。また、結婚してそのまま離婚しなかった男性が、いちばんうつ病になりにくかったこともわかりました。

■再婚すると複雑な人間関係がストレスになる?

これは、再婚相手の連れ子や新しい家族との関係や、経済的な問題がストレスになるためではないかと考えられています。

研究グループのリーダーであるスコット・モンゴメリー教授は、「再婚する男性は、前と同じような幸せを求めて焦っているのかもしれません。幸せだった最初の結婚を思い出して、また結婚に挑戦してしまうのです」といいます。

「しかし、隣の芝はいつも本当に青いわけではありません」

また、こちらははっきりしていませんが、再婚した妻のほうが、最初に結婚した妻よりも、夫がうつ状態になったときに医療機関の受診を強く勧めるのではないかという考えもあります。再婚した妻のほうが、夫の精神状態に敏感なのかもしれません。

いずれにせよ、結婚も離婚も、いいことも悪いこともあるもの。目先のことに捉われずに、長い目で幸せになることを考えましょう。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

Why second marriages bring a third more agony: Divorced men are more likely to take antidepressants if they find a new life-Daily Mail Online

関連記事