IQ「100以上」も夢じゃない?簡単にIQを高める6つの方法

  • LINEで送る
2015.08.29

shutterstock_190234907

少し前に、「生後1年間、母乳で育つと子どものIQが4ポイントも高くなる」との研究結果がボストン小児病院から発表され、話題になりました。

そんんこともあり、我が子に母乳をあげているママも多いのではないでしょうか?

でも、IQは母乳育児以外でも高めることが可能です。たとえば『beliefnet』では、IQを高めるための6つの簡単な方法が紹介されています。

我が子のIQが平均の100以上になってほしいと思うママは、ぜひ試してみてください。

■1:音楽を習う

音楽を聴くことにはあまり効果がありませんが、自分で楽器を演奏することはIQを高めてくれます。

特に子どもには脳の働きを活発にする効果があり、大人になるまでずっと続くと考えられています。子どものIQを高めたいなら、音楽を演奏させましょう。楽器はなんでもOKです。

■2:食生活を見なおす

脂肪の摂りすぎは、脳の記憶する力に悪影響を与えますので控えめに。ただし、魚などに含まれるオメガ3脂肪酸は脳にいいといわれています。

ハンバーガーなどのジャンクフードばかり食べている子どもは、バランスの取れた食事をしている子どもにくらべて明らかにIQが低いというデータも出ています。IQだけでなく、規則正しくバランスのいい食生活は体にいいもの。体に悪い食べものはなるべく食べないようにしましょう。

■3:「ながら」をやめる

1度にいろいろなことをするのは、脳の創造力をなくすと考えられています。マサチューセッツ工科大学の研究によると、メールをチェックしながらなにかすると、IQが10ポイント下がったそうです。目の前のことに集中しましょう。

■4:なにかを覚える

わからないことがあれば、すぐスマートフォンで調べられる世の中になり、私たちは「おぼえる」ことをしなくなりました。

しかし、なにかをおぼえることは、脳の働きを活発にします。なにかを記憶する力は、問題解決能力や、パターンを見つける力につながるという研究もあります。

友だちや職場の電話番号など、身近なものをおぼえてみては?

■5:リアリティ番組を見るのをやめる

オーストラリアの研究では、テレビで見る番組が、その人の行動に影響を与えると考えられています。リアリティ番組を見たあとで認識力のテストを受けた人は、テストの結果が悪かったというデータがあります。

悪いのはリアリティ番組だけかどうかははっきりしませんが、テレビを見るより、新しいことを始めたほうが脳にいいのはたしか。

料理教室に通ったり、ハイキングしたり、新しいことばを勉強するのも効果的です。

■6:適切に睡眠をとる

睡眠不足はイライラするばかりでなく、脳にも悪いのです。

睡眠不足と子どもの学力の関係を調べた研究では、前日の睡眠時間が8時間以下だった子どもは、翌日のIQが低かったという結果が出ています。

また、昼夜逆転の生活も、脳の認識力に悪影響を与えます。仕事がシフト制の人で、睡眠のリズムが狂いがちの人は要注意です。

結局のところ、規則正しい生活をすることは脳にとっても大切なようです。バランスよく食べ、よく眠り、体を動かして、IQも高めましょう!

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

6 Easy Ways to Improve Your IQ-beliefnet

関連記事