「食べられる環境」なのに平均6%の子どもが朝食を食べない理由

  • LINEで送る
2015.09.04

shutterstock_308517089

子育てをするお母さんにとって、毎日の朝食メニューを考えるのは大変なこと。

佐藤食品工業株式会社が行った調査によると、 栄養面を考えつつも、朝は「いかに簡単に調理できるか」を重視するお母さんが7割を占めているそうです。

一方、「子どもが朝食を食べてくれない」と悩むお母さんも多いはず。文部科学省の調査でも、「平均6%の子どもが朝食を食べない」という結果が出ています。

では、なぜ朝食を用意されて食べる子と食べない子に分かれるのでしょうか? 文部科学省の調査結果から、理由をひもといていきましょう。

■小学生にもっとも多い51.7%の理由は「食欲がないから」

その日の体調や目覚め具合によっては、食欲が出ない日もありますよね。そんなとき無理強いされると、反抗心が出たり辛く感じたりしても当然。

でも食欲がないこと自体が習慣になっている場合は、そこから改善する必要があります。

■寝不足により翌朝の起床が辛いと感じる子どもは50.8%

ゲームや友だちとのコミュニケーションに没頭すると、就寝時間が遅くなりがち。すると翌朝の起床が辛くなって食欲も出ず、結局は食べずに登校するというパターンも。

情報機器だけが原因ではありませんが、翌朝に心地よく目覚めるためにも、時間の切り替え方について話し合うべき。また、眠気を誘う静かな環境をつくるのも大事ですね。

■朝食の見た目を大きく変えて子どもに興味を持たせよう

忙しい朝のメニューは、どうしてもマンネリ化しがち。でも、見た目で気を引くメニューにしてみるなど、朝食づくりに参加させるのもよい方法です。

そして「お手伝いするぐらいならいらない」という子どもには、インパクトで勝負。

カフェ飯のようにワンプレートで盛りつけてみたり、きれいなペーパーナプキンをトーストの下に敷いたり、それだけでも見た目はガラッと変わります。

働くお母さんが多い時代ですから、朝は多忙。昭和の時代のように、お味噌汁のネギを刻む音や卵焼きの匂いで目をさますことのできる家族ばかりとは限りません。

しかし子どもの聴覚や臭覚は大人より鋭いので、音や匂いで目覚めさせるのは効果的。惣菜パンをそのまま食べさせるだけでなく、トースターでさっと焼くだけでも香りが食欲を刺激します。

ちょっと工夫をすれば、それがテーブルに座って朝食を食べるきっかけになるかも。週に1度でも試してみてはいかがでしょうか。

■朝食と家族のコミュニケーションで子どもの心が安定する

小中高生対象の「朝食と自立」調査によると、毎日朝食を食べるグループの49.3%の子どもがルールを守って行動するのに、毎日食べないグループでは32.4%。

また、朝食時に家族との会話がある子どもの50.6%が、「自分のことが好きだ」とも答えています。朝食は、行動や精神面にもメリットを与えるようです。

思春期は、親との会話さえ拒否するもの。だからこそ、子どもとの会話に悩むお母さんも多いと思います。しかも年齢が上がるにつれ、朝食を食べなくなる率も増えます。

でも反抗期の場合、無理にコミュニケーションをとる必要はありません。朝食時にお母さんが独り言のように「今日はいい天気ね」「そのキーホルダーかわいね」などと語りかけるだけでも、子どもの耳には届いているのです。

面倒だからといわず、家族の会話と食が結びつく環境を大切にしたいですね。

(文/池田モモ)

 

【参考】

睡眠を中心とした生活習慣と子供の自立等との関係性に関する調査の結果-文部科学省

食を通じた子どもの健全育成(いわゆる「食育」の視点から一)のあり方に関する検討会報告書について-厚生労働省

「子どもの朝食」に関する母親の意識・実態調査-佐藤食品工業株式会社

関連記事