20~30代女性の肌に起こる「見える変化と見えない変化」5つ

  • LINEで送る
2015.09.07

shutterstock_206204140

アンチエイジングがさかんに行われるようになりましたが、みなさんのお肌の調子はいかがですか?

将来もすべすべお肌でいるためには、若いうちからのケアが大切。マナテックのCEOであるロバート・シノット博士は、「私たちはみな、自分の肌の状態、見える変化も見えない変化も認識する必要があります」と警告しています。

『FASHION TIMES』が紹介する、20~30代の間に肌に起きる見える変化、見えない変化をチェックしてみましょう。

■1:肌が乾燥して、たるみが出てくる

肌に少しでも乾燥を感じますか? 乾燥して弾力が失われた肌は、老化の第一歩。年をとるにつれて、肌は弾力を失い、コラーゲンの生成は減少します。

ダートマス大学の公式オープンアクセス科学論文「DUJS」によると、20歳を過ぎると、真皮の中にあるコラーゲンは毎年1%ずつ減少するそうです。肌は乾燥してたるみが出て、フェイスラインが目立つようになってしまいます。20代を超えたらケアは保湿が第一です!

■2:肌の弾力がなくなりシワができる

弾力を失いもろくなった肌には、最終的にはシワができます。「DUJS」はまた、年代とともに変化する肌についても伝えています。

「古くなった肌を削りとるプロセスは、20代のうちに28%も減少してしまいます。そのため死んだ肌の細胞が蓄積し、長い時間の間くっついた状態になります。30代では、真皮から表皮への水分の移動が遅くなります」

そして残念ながら、それまでふっくらとしいた細胞は、どんどん縮み始めるのです。

■3:肌が薄くなり目の下がくぼんでくる

目の下の黒いくぼみは年をとるにつれて大きくなっていきます。目の周りのデリケートな肌を含め、肌が薄くなるにつれて、くぼみが目立ちやすくなります。大きなくぼみがあると年をとって見えてしまいます。

■4:老化の原因フリーラジカルが増える

フリーラジカルは私たちの体内で生成される、とても反応性の高い分子です。この分子は目には見えませんが、加齢の要素になります。フリーラジカルをたくさん持っていればいるほど、肌に加齢のサインが表れ、老けて見えるようになるというのです。

フリーラジカルはコラーゲンやエラスチン繊維、DNAにまでもを傷つけてしまいます。老化が起こる理由には諸説ありますが、このフリーラジカルの障害が老化やがんの原因になるという説があります。これについては自分での対策はしようがありません。

■5:肌へのアルコール使用で乾燥する

これもすぐには目に見えない変化を引き起こす原因です。アルコールの過度な使用は肌を脱水させて乾燥を引き起こし、最終的にはシワの原因ともなります。この変化はすぐには目に見えませんが、使用しすぎには注意が必要です。

老化のサインは目に見えるものだけでなく、見えないものもあるということがわかりましたね。目に見える変化に気を配るだけでなく、すぐには目に見えないような変化にも気をつけて、素敵に年を重ねましょう。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

The 5 Visible & Hidden Signs of Aging Skin Problems In Your 20’s & 30’s-FASHION TIMES

関連記事