1日1.2リットル必要!医師直伝「病気を遠ざける」水の飲み方

  • LINEで送る
2015.09.08

suzie.20150908

私たちのからだは、6割が水。子どもでは7割、胎児にいたっては9割だといいます。

たとえば体重60kgの人には約36リットルもの水が含まれており、これを「体内水」と呼ぶそうです。

そして、体内水をいかにきれいに維持するかが病気を遠ざけるポイントだと主張するのは、『医師が教える 不調を治す水の飲み方・選び方 「4つの体内水」を流して健康になる本』(森下克也著、KADOKAWA)の著者。

■1日約1.2リットルの水が必要!

きれいな体内水を維持するためには、1日約1.2リットルの水を摂り続けることが必要。

そうしないと「慢性脱水症」になってしまうというので、軽く考えるわけにはいかないようです。

では、1日のなかでどのように水を飲めばいいのでしょうか?

■意識すべき水の量は「3・5・4」

この問いについて著者は、「3・5・4」と覚えるべきだと記しています。

「3・5・4」とは、1日を「午前」「日中」「夜」と分けたときの、それぞれの時間帯に飲む水の量の目安。具体的には次のようになります。

「午前」とは、朝起きてから昼食まで。「3」とは0.3リットル。

「日中」とは、昼食後から夕食まで。「5」とは0.5リットル。

「夜」とは、夕食後から寝るまで。「4」とは0.4リットル。

時間で区切るのではなく、あくまで食事を基準に考えるのは、摂取する水との兼ね合い。飲み方の基本は、「ちびちび飲み」だそうです。

(午前)

就寝中には水分を摂らないので、起床時は軽度の脱水に陥っている状態。そこで、起き抜けにまずコップ1杯の水を飲むことが大切。

そして、それからはちびちびと飲み続けるわけですが、昼食の前後はいったん飲むのを中止。

これは、昼食に際して分泌される胃酸が薄まるのを防止するためだといいます。

(日中)

日中は仕事など活動中の時間帯であり、口が乾いてしまうこともしばしば。

すると脱水に陥るため、「ちびちび飲み」には変わらないものの、「5」の範囲内でコップ1杯程度の水を一気に飲んでもかまわないとか。

運動をしたときも同様。ジョギング程度なら0.4リットルを、それ以上に激しい運動なら0.8リットルを上乗せ。

発汗量にもよりますが、夏の暑い時期は0.5~1.0リットル程度の上乗せが必要。もちろん、携行する水の温度は常温で、やはり夕食の前後30分は飲水を控えること。

(夜)

アルコールには利尿作用があるので脱水に傾くため、飲酒の機会があるときは、少し多めに水を飲んでおくのがいいそうです。

できれば飲酒はほどほどにして、その最中も水を補給するように。

また入浴に際しては汗をかくので、しっかり飲水しておくことが重要。

そして寝床に入る1~2時間前に、「ちびちび飲み」を終了。それ以降も飲んでしまうと、夜間に尿意で目が覚めてしまいかねないからです。

他にも、役立つ情報満載。毎日の生活習慣を改善するためにも、読んでおきたい一冊です。

(文/印南敦史)

 

【参考】

※森下克也(2015)『医師が教える 不調を治す水の飲み方・選び方 「4つの体内水」を流して健康になる本』KADOKAWA

関連記事