25歳以下は対処が困難?20代の「うつ」で知っておくべきこと

  • LINEで送る
2015.09.12

shutterstock_92706751

人生で一番楽しい時期にいる20代でも、「なんだか調子がよくない」と感じることはあります。そして実は女性は男性の2倍もうつになりやすいことがわかっており、とても身近な病気なのです。

そこで、『COSMOPOLITAN』の記事から20代のうつで知っておくべきことをご紹介します。負のスパイラルにハマっている人はぜひチェックしてみましょう。

■1:ほとんどの人はうつ状態を経験する

児童・青年の精神科医であるスチュアート・ゴールドマン博士によれば、多くの人が14~24歳の間に、最初のうつを経験しているそうです。たとえ幸せな子ども時代を過ごしていたとしても、突然うつ状態になることがあるのです。

■2:周りにも密かにうつに悩んでいる人は必ずいる

自分の周りの人はみんな自分よりすてきな人生を歩んでいて、輝いているように見えることってありますよね。でもあなたの周りにも、重度のうつに苦しんでいる人は必ずいます。うつは意外に身近なものなのです。

■3:脳の発達上25歳以下はうつの対処が難しい

実は25歳以下の人は、衝動や、論理的に考える能力を制御する脳の部位が発展途中のため、沈んだ気持ちに対処することが難しいのです。うつになりやすいこの時期、自分の気持ちがうまくコントロールできないのは当たり前なのです。

■4:他の人が遠くにいるように感じてもおかしなことではない

うつはたとえていうならば、ショーウインドウでマネキンになっているようなもの。

流行りの服を着てはいるけど、生きている実感がない。自分もすてきなカフェでお茶してみたい、でも疲れ果てていて一歩も歩けない。自分だけが置いてきぼりな気がしても、それは決しておかしなことではありません。

■5:人生がうまくいき始めても引きこもりたくなることがある

恋も仕事も順調で幸せそうな人でも、うつと無縁ではありません。欲しいものをなんでも持っているように見える女の子も、本当はすべてを失う恐怖を抱え、お風呂で1人で泣いているのです。

■6:うつのとき「魅力的」であることは難しくなる

もしもうつ状態になってしまったら、抗うつ薬を飲むことになります。じっくり治さなければいけないうつのときは、薬の影響で性欲は減退し、セクシーでいることは難しくなります。

■7:泣き明かしたい夜には自分を責めてはいけない

彼氏や家族とうまくいかなくて泣きたい気持ちのとき、自分を責めるのではなく、自分の心が安らぐことをするようにしましょう。自分を叩き続ければ、気持ちはどんどん悪い方向に向いてしまいます。

■8:落ち込んでも悲劇のヒロインになってはいけない

誰もが落ち込んだ状態になるのは当然ですが、「かわいそうな私」に酔ってしまってはそこから抜け出せなくなってしまいます。少し休んだら「落ち込んでばかりいても楽しくない!」と喝を入れて、よくないムードから抜けだしましょう。

■9:うつについて打ち明けてもよい反応は返ってこない

自分のうつについて打ち明けても、最初からよい反応が返ってくることはまずありません。でも悪意があるわけではなく、辛さをわかってもらうためには、時間が必要なだけなのです。

■10:自分にぴったりなうつのセルフケアを見つけるといい

絶対にこれからうつにならないようにする、ということはできませんが、落ち込んだ気分をちょっと上向きにするためのセルフケアを日常に取り入れることはできます。自分の心が落ち着く方法を考えてみましょう。

■11:深刻化したうつは病院で治すものだと頭に入れる

うつが深刻化すると、脳の中で楽しい気分をつくる物質の量が大幅に減ってしまい、薬の助けなしでは回復ができない段階になることがあります。落ち込んだ気分が長期間治らないと感じたときは、迷わずセラピストや病院と連絡をとりましょう。

■12:うつは一生続く病気というわけでない

ひどい日が1週間続いたとしても、重度のうつになって投薬が必要になったとしても、辛い状態が一生続くわけではありません。辛いこともあったかもしれないけれど、楽しいこともあったはず。だからこれからも、確実にまた楽しい日々が訪れるのです。

落ち込んだ気分になることはありますが、「それは自分だけじゃない、うつになるのは普通のことなんだ」と知っておけば気持ちが楽になりますね。

20代前半は上手に対処できないのも当たり前、どうしようもない気持ちともなんとか付き合いながら、すてきに年を重ねていきましょう。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

12 Things Every Twentysomething Should Know About Depression-COSMOPOLITAN

関連記事