真似すれば見た目年齢「15歳」若返る?若く見られる人の食習慣

  • LINEで送る
2015.09.13

shutterstock_239297935

驚くほど若く見える美魔女と、年齢の割には老けて見える人。この2つを分けているのは一体なんなのでしょうか。

実は毎日食べているものが、大きな差になって現れている可能性もあります。たとえば『EXPRESS』では、調査によってわかった、見た目年齢に関係する食べものが紹介されています。

誰でも若く見られたいもの。ちょっとした食生活の工夫で、気になるシワもなくなっちゃうかも。女性のみなさん、必見です。

■食習慣は「見た目年齢」に直結

調査は100人の男女の写真を使って行われました。写真を190人に見せ、見た目の年齢を予想してもらったのです。いちばん若く見えた人は、実年齢より15歳も若く見られ、老けて見えた人は10歳も上に見られました。

調査では、写真の人物の食習慣や生活習慣などを聞き、見た目の年齢との関係を調べました。すると、特定の食べものが見た目年齢に影響していることがわかったのです。

■若く見られるための食習慣4つ

(1)シワ予防のために砂糖は摂りすぎない

実年齢よりも5歳以上若く見られた人は、砂糖を控えていたことがわかりました。

砂糖の摂りすぎはお肌によくないといわれています。砂糖を多く摂取すると、終末糖化産物(AGE)と呼ばれる物質が細胞でつくられ、老化が促進されてしまうのだというのです。

いつまでもシワのないお肌を保ちたいなら、砂糖たっぷりのお菓子は控えたほうがよさそうです。

(2)瑞々しい肌のためにノンカフェインを飲む

カフェインも、お肌の老化を促進してしまう効果があります。

水分をたくさん摂ると、肌にうるおいが与えられ、血液の循環が促されます。しかしカフェインには利尿効果があるため、体内の水分が奪われてしまうのです。

気分転換にはいいのですが、日常的な水分補給には、コーヒーよりもルイボスティーや麦茶などのノンカフェインの飲みものがオススメです。

(3)健康のためにアルコールは適量楽しむ

意外なことに、アルコールは見た目年齢にはさほど影響しないことがわかっています。「酒は百薬の長」ともいわれているように、健康には悪くないようです。

ただし、それも量次第。毎晩大量に飲んでいてはもちろん体にいいわけがありません。お酒は適量を楽しみましょう。

(4)乾燥肌対策のために青魚をたくさん食べる

見た目年齢が低かった人の多くは、週に1回以上青魚を食べていたことがわかりました。

有名な話ですが、サンマやサバなどの青魚にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。これはお肌にいいばかりでなく、からだにさまざまな効果をもたらしてくれます。

お肌の乾燥が気になる人にも、青魚はオススメなのだそう。青魚をたくさん食べるようにすると、数週間ほどで乾燥が改善されてくるようです。

青魚が苦手な人はサプリでも十分。最近は多くのメーカーからオメガ3脂肪酸のサプリが販売されています。乾燥が気になる人は試す価値アリです。

ずっと我慢し続けるのは大変ですが、ちょっと気をつけるだけで改善できることもあります。気にしすぎもよくありませんが、見た目年齢が気になる人はできることから試してみては?

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

Eat your way to younger skin: Every time you eat sugar, you GAIN a wrinkle-EXPRESS

関連記事