なんと1匹134万円の犬も!世界で「最も高い犬種」トップ16

  • LINEで送る
2015.09.14

shutterstock_143149180

モノの値段がピンからキリまであるように、犬も犬種によって「値段」は異なります。

命に値段がつくことに疑問は持ちつつも、ペットとして愛するからこそお金は惜しまない飼い主がいるのも、ひとつの愛のかたちかもしれません。生涯の友に出会うためには、最高でいくらかかるのでしょうか?

今回は『INSIDER MONKEY』の記事を参考に、世界的にも高価格な16の犬種についてまとめました。

■16:ナポリタン・マスティフ・・・子犬の平均価格:1,750ドル(=約21万3千円)

典型的な番犬なので、家族の一員として迎えられつつもときに大胆不敵。こちらから挑発しない限りは穏やかな性格で、利口な犬です。

■15:サルーキ・・・子犬の平均価格:1,750ドル(=約21万3千円)

エジプト、サルーキの宮廷犬として知られている、視覚に優れた犬です。

独特の長い脚に、細い目のついた細長い頭は、他の品種とは一線を画します。鋭い狩猟本能を持ちながらも独立心のある、愛情深い犬です。

■14:アイリッシュ・ウルフハウンド・・・子犬の平均価格:1,900ドル(=約23万1千円)

見た目は驚くほどの大型犬。それぞれに個性があり、気質も変化することがありますが、大型犬の割には賢く穏やかです。

■13:ブラック・ロシアン・テリア・・・子犬の平均価格:2,000ドル(=約23万3千円)

番犬もスポーツの相手もできる元気な犬。ロットワイラーやエアデールなど、17以上の犬種のミックス犬です。独特の毛並みが印象的。

■12:フレンチ・ブルドッグ・・・子犬の平均価格:2,050ドル(=約25万円)

体は小さいけれど、とても優秀な犬です。アメリカで9番目に人気があります。ペットとしても伴侶動物としても重宝されています。他の犬種よりも必要な運動量が少ないので、散歩を面倒に感じる飼い主も最小限の労力ですみます。

■11:ポルトガル・ウォータードッグ・・・子犬の平均価格:2,500ドル(=約30万4千円)

やさしく穏やかな性格が人気で、かなり珍しい犬種です。

独立心が強いのですが、見た目はとてもキュート。カール状の毛並みとウェーブ状の毛並みを持つ2種にわかれますが、どちらもとてもかわいいです。

■10:ドゴ・アルヘンティーノ・・・子犬の平均価格:3,900ドル(=約47万5千円)

ドゴ・アルヘンティーノやアルゼンチン・マスティフは狩猟犬であり、警察や軍事関係で使われることがあります。他のペットと一緒に共生し、さまざまな環境に適応することが可能な社会的な犬です。農村部の農場でも都会のマンションでも、両方で生きていけるでしょう。

■9:ファラオ・ハウンド・・・子犬の平均価格:4,000ドル(=約48万7千円)

名前通り、エジプトのファラオを連想させる見た目をしています。エレガントな見た目とは裏腹に内面には強さを秘め、運動量も多いです。視力に優れた犬種でもあります。

■8:秋田犬・・・平均価格:4,500ドル(=約54万8千円)

日本の可愛い犬は、飼い主に強い愛情を持ちます。寒い日本の冬を越えるために外側は毛でおおわれています。いまや世界でもっとも高価な犬の品種のひとつ。毛づくろいに時間をかけなければならないので、メンテナンスは少し大変かもしれません。

■7:チャイニーズ・クレステッド・ヘアレス・・・子犬の平均価格:5,000ドル(=約60万9千円)

パウダー・パフとヘアレスはどちらもとても愛らしい犬です。生まれてくる子犬もかわいいのですが、毛づくろいが大変なのでメンテナンスに大金がかかるでしょう。

■6:ロットワイラー・・・子犬の平均価格:5,500ドル(=約67万円)

ロットワイラーは、番犬や救助犬に特に適しています。大胆不敵でありつつ、信頼性の高い犬です。気立てがよく、環境に順応できるのでペットとしても需要があります。もっと社会的に受け入れられる犬となるべきでしょう。

■5:カナダのエスキモー犬・・・子犬の平均価格:6,000ドル(=約73万円)

純血の北極の品種は特に強く、活動的です。忠実で従順な動物だったので、昔からそりを引くための犬として人間と付き合ってきました。冬に活躍する犬です。

■4:チベタン・マスティフ・・・子犬の平均価格:7,000ドル(=約85万2千円)まで

チベットに起源を持つ古代の品種です。大型犬なので家畜や財産を保護するのに役立ちます。いくつかある犬種はすべて平均身長や体重が異なります。ペット向きではありますが、大型のためアパートで飼うには不向きです。

■3:ローシェン・・・子犬の平均価格:6,000~8,000ドル(=約73~97万4千円)

この犬の小型犬は比較的珍しく、世界でもっとも高価な犬の品種のひとつです。値段に関わらずかわいさは抜きん出ており、個体によって色も異なる特徴的な犬といえます。

■2:イングリッシュ・ブルドッグ・・・子犬の平均価格:9,000ドル(=約110万円)まで

ブルドッグは、米国で5番目に人気の純血種の犬です。一般にフレンドリーな犬で、患者さんや子どもを癒したり、家族の一員としてのペットとしても愛されています。

■1:サモエド・・・子犬の平均価格:4,000~1,1000ドル(=約49~134万円)

美しい乳白色のサモエドは世界で最も高価な犬の品種です。番犬には適さないほどフレンドリーで穏やかな性格ですが、忠実なのでペットには最適です。

犬によって性格や、人間との最適な関わり方もさまざま。人間に個性があるように、犬たちの個性も受け入れて共に生きていきませんか?

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

16 Most Expensive Dog Breeds in the World-INSIDER MONKEY

関連記事