1日で遺品が片付く!今人気の「遺品整理士」に依頼するメリット

  • LINEで送る
2015.09.17

shutterstock_276625265

現在、遺品整理を専門の業者に依頼する人が多くなってきています。

遺品整理士の資格を認定している、一般社団法人「遺品整理士認定協会」に詳しいお話を伺ってみると、「遺品整理士」の資格が認知されるようになってからは、急激に需要が増え、5年前の3倍以上の依頼があるとのこと。

毎月20~30件、年間では平均200件~300件くらいの依頼があるようです。では、「遺品整理士」に故人の遺品整理をお願いすると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

■遺品整理士に頼めばほぼ1日で作業が終了する

遺品整理の難しいところは、「故人の思い出が多すぎてなかなか片づけられない、捨てられない」ということ。でも、思い出に浸ってばかりいたら、一向に遺品整理は進みません。だからこそ、プロに頼むのはひとつの手なのです。

「遺品整理士」にお願いすると、部屋の広さや遺品の多さにもよりますが、ほぼ1日で遺品整理が終わります。1LDKだと、3名が4時間を目安に作業を行います。

4LDでは2日間かかる場合もあるそうですが、ご遺族が何時間も何日もかけて整理する手間を考えると、その早さはやはり価値のあるものです。

また、「遺品整理士」はご遺族の気持ちを尊重し、思い出の遺品はご遺族と一緒に確認しながら作業を進めていきます。

他の遺品整理業者のなかには、故人の遺品をゴミのように手荒く処分して、ご遺族の心を傷つけてしまうケースもあるそう。「遺品整理士」はご遺族の気持ちまで察し、仕事を進めていくのです。

■高額請求や遺品無断回収などのトラブルを回避

ここ数年、最初の見積もりとはまったく違う高額を請求されたり、故人の貴重品を無断回収されたり、悪徳業者に引っかかってしまうケースが後を絶ちません。遺品整理業の相場もわかりにくく、泣き寝入りするご遺族もいると聞きます。

「遺品整理士」に依頼すれば、まず、見積もりと違う請求をされることはありません。貴重品の無断回収などもあり得ません。

金額の相場は、お部屋の広さや遺品の量にもよりますが、平均15万円~20万円とのこと。「遺品整理士」なら、安心して遺品整理を任せられるのが最大のメリットかもしれません。

■遺品整理に関する“悪徳業者を見分ける方法”

「遺品整理士」に依頼できるのがいちばん安心ですが、それ以外で悪徳業者を見分けるにはどうしたらいいのでしょうか。「遺品整理士認定協会」に伺うと、いくつかポイントがありました。

まず、見積もりから金額変更があるかどうか。最初に安く見積もって、後からどんどん追加され、高額請求されたというトラブルはよく聞きます。通常では「見積もりを出したのに、後から金額変更することなど、通常はあり得ないこと」とのことです。

次に、見積もり書類を作成して、それを形として残し、詳しく説明してくれるかどうか。悪徳業者のなかには口頭説明のみで証拠を残さない場合があるとのこと。そしてどんどん追加料金を請求されるそうです。

また、廃棄物の処理の仕方は聞いておきたいもの。最近では遺品整理業者の不法投棄などが問題になっています。

最後に故人の貴重品についてですが、無断回収などもってのほか。それ以外でも通常の価値よりかなり安く買い取りする業者もあるようなので、注意しておきたいものです。

需要が多い遺品整理業だからこそ、悪徳業者も出てくるというもの。「遺品整理士」なら、金額面でも、仕事面でも、安心して遺品整理を任せられるという点が最大のメリットでしょう。なかなか故人の遺品整理ができないという方は、一度検討してみてもいいかもしれませんね。

(文/齊藤カオリ)

 

【取材協力】

一般社団法人「遺品整理士認定協会」

関連記事