玄米は「3日放置するだけ」で大違い!寝かせ酵素玄米の健康効果

  • LINEで送る
2015.09.17

shutterstock_280020284

酵素ダイエット、酵素ドリンクやサプリメントなど、「酵素」は美容や健康に関心の高い人たちにすっかり定着してきました。

そんな酵素を手軽に毎日摂れるのが、いま話題の「寝かせ酵素玄米」です。

これは玄米に小豆、塩を入れて炊飯器で炊き、3日置いてから食べるというもの。

玄米のパサつきや独特の匂いが苦手という人でも、簡単につくれておいしく食べられる酵素玄米で、一度炊いたら1週間はもつといわれています。

■3日寝かせた玄米が持つ驚きの力

3日間寝かせて発酵させると、ギャバという成分の栄養価が高まります。

ギャバには血圧を下げる効果があり、高血圧の予防や改善、中性脂肪の低下などの改善にも役立つそうです。

また腸内環境を整えてくれるため、便秘解消、肝臓や腎臓の機能を活性化するなど、内蔵の健康をもサポート。

また、小豆には抗酸化物質であるポリフェノールも含まれているので、アンチエイジング効果も期待できます。

酵素が働いてタンパク質を分解するのでうまみが増し、モチモチとした食感もアップ。おいしく食べられ、健康や美容にも効果をもたらしてくれるなんてうれしい限り。

■毎日食べてデトックス効果を実感

酵素を体内に取り込むと新陳代謝が活発化し、身体の機能がスムーズになります。

ため込んだ有害物質や便などもスッキリと排泄され、デトックス効果を得ることができます。

いつものごはんを寝かせて酵素玄米に変えれば、毎日自然に酵素が摂れるようになるということ。すると体内機能を高められるので、からだの隅々まで栄養を運ぶことができるようになります。

毎日の食事で欠かさず酵素が摂れるのは、日本人の特権ですね。

■寝かせ酵素玄米の簡単な作り方

[材料]

・玄米(できれば無農薬のもの) 3合

・小豆 30g

・天然塩 小さじ1

※塩加減や小豆の量は好みに合わせて調節が可能

[作り方]

(1)玄米を軽く水洗いします。

(2)炊飯器に玄米、小豆、塩を入れて、ゆっくりと混ぜます。(※泡だて器を使い8分間ほど右回りに混ぜるのがポイントです)

(3)炊飯器の玄米炊きにセットし、スイッチを入れます。

(4)炊き上がった後、保温状態のまま3日間置いておくと完成します!

炊きあがったら、1日1回、軽くかき混ぜるようしましょう。

何だかぬか床のようですね。

一度にまとめて炊いて、1週間は持ちます。1日目は薄らとピンク色だったごはんが3日を過ぎるとお赤飯のような色になりますよ。

「食感が苦手」という人もおいしく食べられる寝かせ酵素玄米。一度食べれば、虜になってしまうかもしれません。今日から玄米デビューしてみませんか?

(文/Marico Taguchi)

 

【参考】

話題の「寝かせ玄米」「酵素玄米」の秘密-日経ウーマンオンライン

【ELLE a table】基本の酵素玄米レシピ-エル・オンライン

関連記事