楽して稼ぎたい人必見!ストレス少ないのに給料が高い15の職業

  • LINEで送る
2015.09.17

shutterstock_152105888

ストレスの高い仕事ほど給料も高いイメージがありますが、実際はそうとは限りません。では、ストレスなく高い給料がもらえる仕事には、どんなものがあるのでしょう。

キャリア情報専門のローレンス・シャトキン博士は、767種の職業について、平均給与やストレスレベルを比較。高賃金でも低ストレスな、夢のような仕事を見つけました。

「ストレス耐性」の点数はゼロから100の数値で評価し、この値が高ければ高いほど、ストレスが少ない仕事になるということ。批判やクレーム、緊急事態への対応の有無など、さまざまな観点から計算されています。

それでは、低ストレスだけど高給な15種類の職業を見てみましょう。

■1:材料科学研究者

ストレス耐性:53.0

平均年間給与(2014):94,350ドル(=約1140万円)

仕事内容:さまざまな材料のスペシャリスト。原子・分子レベルでの物質と物質の反応について研究。新製品を開発、改良するために知識を使用します。

教育要件:学士号。場合によっては修士号や博士号。

■2:数学者

ストレス耐性:57.2

平均年間給与(2014):104,350ドル(=約1257万円)

仕事内容:数学の基礎研究や、科学や企業内のマネジメントなど、他分野への数学的技術の応用を行います。数学的方法を用いて、様々な分野の問題を解決します。

教育要件:政府で仕事をしたい場合は、学士号または修士号。民間企業で働く場合は博士号が必要になる場合もあります。

■3:地理学者

ストレス耐性:58.0

平均年間給与(2014):75,610ドル(=約910万円)

仕事内容:地表の性質について明らかにしたり、そこから得られる資源などを産業に役立てる研究を行います。また地域を地理的な側面から分析したり、人間活動と空間領域の関係性について調査を行います。

教育要件:修士号。政府などであまり難しくない仕事の場合は、学士号でいい場合も。

■4:政治学者

ストレス耐性:60.8

平均年間給与(2014):104,000ドル(=約1250万円)

仕事内容:政治システムの起源、発展、そして運用について研究します。

教育要件:学士号。政治学や行政学などの関連分野の修士号や博士号。

■5:生体医工学者

ストレス耐性:61.3

平均年間給与(2014):91,760ドル(=約1100万円)

仕事内容:生物学と医学を融合した分野の研究者です。患者のケアの質を向上させより効果的にするために、問題の分析と解決を行います。

教育要件:認定プログラムからの生体医工学の学士号。または、いずれかの分野で工学の学士号を取得した後、生体医工学の大学院の学位を取得するか、実地訓練が必要。

■6:経済学講師(大学・大学院などの高等教育)

ストレス耐性:61.8

平均年間給与(2014):102,120ドル(=約1230万円)

仕事内容:大学に所属し、経済学について学生に講義を行います。講義の内容を充実させる場合もあれば、研究に力を入れる場合もあります。

教育要件:一般的には博士号ですが、教えるだけならば修士の学位で十分な場合もあります。

■7:天文学者

ストレス耐性:62.0

平均年間給与(2014):107,140ドル(=約1290万円)

仕事内容:天文現象について、観測、調査、分析などを通じた基礎研究を行います。また具体的な諸問題を、基礎的な知見を応用して解決します。

教育要件:博士号。

■8:(水文学と地理学者を除く)地球科学者

ストレス耐性:62.5

平均年間給与(2014):105,390ドル(=約1270万円)

仕事内容:組成や構造など、地球の物理的側面について研究します。

教育要件:学士号(※アメリカの場合、いくつかの州ではライセンスが必要な場合もあります)。

■9:法学講師(大学・大学院などの高等教育)

ストレス耐性:62.7

平均年間給与(2014):126,270ドル(=約1520万円)

仕事内容:法律について学生に授業を行います。

教育要件:学士号と法曹の資格。

■10:オペレーションズリサーチ学者

ストレス耐性:63.0

平均年間給与(2014):82,940ドル(=約1000万円)

仕事内容:オペレーションズリサーチとは、さまざまな意思決定を、数学的・統計的モデルやアルゴリズムを用いて最適化する分野です。高度な数学や分析方法を使用して、複雑な問題を特定、解決します。

教育要件:学士号。企業によっては、修士号や博士号が要求される場合もあるでしょう。

■11:アクチュアリー(保険計理士)

ストレス耐性:63.7

平均年間給与(2014):110,090ドル(=約1330万円)

仕事内容:リスクと不確実性の財政コストを分析します。

教育要件:学士号、専門の資格。

■12:水文学者

ストレス耐性:65.5

平均年間給与(2014):81,930ドル(=約990万円)

仕事内容:地球の地殻全体の水の動きを研究しています。水質や可用性の分野で問題を解決するために、専門的な研究領域を応用します。

教育要件:修士号。

■13:コンピュータのハードウェア・エンジニア

ストレス耐性:67.0

平均年間給与(2014):110,650ドル(=約1330万円)

仕事内容:研究、設計、開発、商業、工業、軍事、科学に使用されるテストコンピュータまたはコンピュータ関連機器の開発。

教育要件:認定プログラムからの学士号。

■14:アートディレクター

ストレス耐性:69.0

平均年間給与(2014):97,850ドル(=約1180万円)

仕事内容:雑誌、 新聞、製品パッケージ、および映画やテレビ番組制作におけるビジュアルスタイルとイメージの担当。

教育要件:学士号、前職での経験。

■15:検眼士

ストレス耐性:70.3

平均年間給与(2014):113,010ドル(=約1360万円)

仕事内容:視覚障害や病気をチェックするための視力検査を行います。必要に応じて、眼鏡やコンタクトレンズを処方します。

教育要件:学士号。検眼プログラムで4年間の医師経験。ライセンス。

ストレスのない仕事でお金が稼げれば、こんなに幸せなこともありません。

アートディレクターやコンピュータ・エンジニアなどの例外もありますが、基本的にはアカデミズムに関わるような仕事が多いようです。いまからでも遅くありません。興味のある分野があれば、夢の仕事を得るべく大学に通いなおすのもいいかもしれませんよ。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

15 high-paying jobs for people who don’t like stress-Business Insider

関連記事