肌が老化するのは2種類の紫外線による「光老化」が原因だった!

  • LINEで送る
2015.09.20

shutterstock_272026571

夏が終わると、「シミや目元の小ジワが目立つようになる」「毛穴が開いたままでなんとなく老けたような気がする」なんてことはありませんか?

あるとしたらそれは、毎日浴びる紫外線による肌を「光老化」させることが原因です。

■紫外線「UV-A」と「UV-B」の違いとその影響

紫外線には2種類あります。表皮にダメージを与え、おもにシミの原因をつくる「UV-B」と、肌の奥の真皮にまで届き、コラーゲンを破壊させ肌のハリが低下し、シワや毛穴の開きの原因「UV-A」。

これらがシミ・シワ・毛穴の原因「光老化」を進行させる原因なのです。

特に注意すべきは、波長が長く、雲を通過してしまうため、地表に届く紫外線の9割を占める「UV-A」。

窓ガラスも透過して室内にまで届くので、スッピンで室内にいても紫外線を受けてしまっているのです。

■紫外線から守るケアと闘うインナーケアが必要

(1)メラニン色素の生成によってできてしまった「シミ」

メラニンを生成するメラノサイトが活性を続け、部分的にメラニン色素が過剰になってしまった状態。紫外線を防ぎ、メラニン色素を減らすお手入れが必要です。

(2)コラーゲンが減り肌の折れ癖が戻らない「シワ」

肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンがダメージを受けると肌は弾力性を失い、表情ジワが定着してしまいます。

(3)ハリが失われ、閉じる力も減少すると起こる「毛穴のゆるみ」

頬の毛穴が開いてポツポツとして見えるのも光り老化が原因です。真皮にハリがなくなると、緩んでしまい、毛穴が開きっぱなしに。

まずは外側から肌を守るケアをしましょう。

肌に負担がかからない日焼け止めを選び、こまめに塗ることや天然ミネラルパウダーでカバーするよう心がけが必要です。

紫外線を受けて日焼けしてしまったと感じたら、クレイパックなど自然の力を借りたスキンケアも効果的。

さらに紫外線を浴びると、肌や体内で活性酸素が発生します。しかし活性酸素は、メラニンの生成や弾力を失うダメージに大きな影響を及ぼします。そこで、体内からのインナーケアが必要になります。

抗酸化物質(ポリフェノールやリコピン、ビタミンA・C・Eなど)が多く含まれる野菜や果物を多く摂ることで、活性酸素は軽減されます。とりにくい成分はサプリメントでもOK。

夏が終わったからといって紫外線対策を怠ってしまう人も多いこの時期ですが、実はまだまだ多くの紫外線が降り注がれています。秋以降も外側からのケアと内側からのケアにより、「光老化」からお肌を守りましょう。

(文/Marico Taguchi)

 

【参考】

老化の原因は紫外線!?女性の大敵、その名は「光老化」-ロート製薬株式会社

関連記事