1日10分だけでOK!成功するTwitterマーケティング法

  • LINEで送る
2015.09.22

shutterstock_184664372

Twitterアカウント、効果的に使えていますか?

本格的なマーケティングには、とても時間がかかる印象があります。たくさんリプライをしたり、フォロワーを増やしたりと、とにかくやることはたくさん。

でも、たった1日10分だけで、Twitterのマーケティングがたちまち成功する方法があるんです。

今回は『Social Times』の記事を参考に、マーケティング戦略に使えるTwitterの正しい運用方法についてまとめました。

■1分

ソーシャルメディア運用ツールにログイン(HootSuiteがオススメです)。

保存済みのリスト、検索、ハッシュタグを含むタブを開きましょう。開くのはほんの6つで十分です。

■2~6分

30秒流し読みをしましょう。関連性が強そうな1つから3つの記事を選んでクリックしてください。次にコンテンツやアカウントとの関連性を確認して、ダッシュボードに戻ります。それを繰り返しましょう。

■7分

SNS拡散分析ツール「Buzzsumo」または、Twitterのデータパートナーである「Topsy」を使用。コンテンツに関するに最も適切なキーワード・フレーズをたった1つでいいので見つけましょう。

過去24時間の検索結果をさかのぼってみてください。

■8~9分

3つのコンテンツをBuzzSumoかTopsyから選んでください。新しいタブで開けてみて、コンテンツと戦略に合うかどうかたしかめましょう。

■10分

BuzzSumoかTopsyの分析結果を使用して、予約投稿をしましょう。

この方法で10分間Twitter運用をすれば、毎日10以上のフレッシュな話題をユーザーに提供できます。投稿する内容をBuzzSumoやTopsyを使用して吟味し、投稿する時間帯も戦略的に決定していることが前提です。

ユーザー動向をあらゆる分析ツールで把握しながら、効果的な内容を効果的な時間に投稿できるように設定しておきましょう。

可能ならば、アカウントのダッシュボード内容やユーザーの動きを調査するために、さらに2~30分程度Twitter運用に当てられると理想的です。全部で40分程度割ければもう十分でしょう。

慣れるまでは、少し時間がかかってしまうかもしれません。しかし1度コツをつかんでしまえば、ほんの少しの労力で効果的なTwitter運用ができるはず。1日中Twitterとにらめっこしなくてはならないなんて思い込みは捨てて、1日10分で最高の成果を上げましょう。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

How to Curate Content on Twitter in 10 Minutes a Day-Social Times

関連記事