死亡リスクが34%も増える!恐るべき「トランス脂肪酸」の実態

  • LINEで送る
2015.09.23

shutterstock_3461231

「脂っこいもの大好き!」というみなさんに朗報です。肉やバターなどに多く含まれる飽和脂肪酸は、健康にはさほど悪い影響を与えないことが判明しました。

とはいえ、体に悪い脂肪もあります。それはトランス脂肪酸。

最新の研究によって、トランス脂肪酸を多く摂取すると死亡のリスクが34%も上がることがわかったのです。

普通に食事をしていると、嫌でも口に入ってしまうトランス脂肪酸。いったい体にどんな影響を与えるのでしょうか?

■人工のトランス脂肪酸に要注意!

トランス脂肪酸は不飽和脂肪のひとつ。天然に存在するものと、食品加工の過程で生成されるものの2種類があります。

天然には、牛や羊などの胃のなかでつくられており、牛肉や羊肉にごく微量含まれています。

今回の研究で体に悪いことがわかったのは、人工的に生成されたもの。マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングや、それを使ってつくられたケーキ、ドーナツ、揚げものなどに多く含まれています。

■トランス脂肪酸の摂取量を抑えて

飽和脂肪酸は1日の摂取カロリーのうち、10%ほどなら摂っても問題ないとされています。心臓病や糖尿病とは関係がないことがわかったからで、ステーキや焼き肉などの脂っこいものは食べても意外と平気なようなのです。

しかし、トランス脂肪酸は1日の摂取量を1%未満に抑えたほうがよさそうです。

なぜならトランス脂肪酸を摂取した場合の全体の死亡率は34%、心臓病での死亡率は28%、心臓病になる率は21%も高くなったというのです。これは無視できない数字です。

この研究はカナダで行われ、41の飽和脂肪酸に関する論文と30万人のデータ、そして20のトランス脂肪酸に関する論文と20万人のデータを分析して行われました。

これらの研究では、それぞれの脂肪以外の要因も関係していた可能性があることがわかりました。

■トランス脂肪酸を避けるには?

食事からとる脂質の量が多くなると、トランス脂肪酸を摂取する割合も増えるといわれています。よって、バランスよく、いろいろなものを食べるようにすることで、トランス脂肪酸の摂取量を減らすことができます。

トランス脂肪酸だけに注目して摂取量を減らそうとするよりも、食塩や脂質全体を摂りすぎないように気をつけることで、より健康な食生活を送ることができるのです。

やはり食事で大切なのはバランス。ひとつのものを悪者にしないで、全体のバランスを考えて食事を考えたほうがよさそうです。おいしいものをずっと食べ続けるためにも、毎日の食事の意識を変えていきましょう。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

Trans-fat increases mortality risk by 34%: Study-2news

すぐにわかるトランス脂肪酸-農林水産省

関連記事