美肌は「菌」がつくる?1兆個もある常在菌を育成する7つの方法

  • LINEで送る
2015.09.23

shutterstock_226386124

ふだん当たり前のようにしているメイクやスキンケアが、実は美肌を損なう可能性があることをご存知ですか?

■美肌を作る皮膚常在菌ってなに?

というのも、美肌の秘訣はからだの「菌」を育てることにあったのです。

皮膚に棲みついている菌のことを「皮膚常在菌」といいます。これは皮膚を弱酸性に保ち、雑菌や病原体を寄せ付けないために働き、 肌の保湿にも重要な役割を果たしてくれています。

肌トラブルを防ぎ、肌環境を健康に保ってくれているのです。

■美肌を保つ皮膚常在菌がピンチ!

常在菌というと腸内に住む善玉菌や悪玉菌を想像しますが、皮膚常在菌には、表皮ブドウ球菌、アクネ菌、真菌類(カビ、酵母)などがあり、およそ1兆個の常在菌が生息しているといわれています。

表皮ブドウ球菌は、皮脂や汗を分解して弱酸性の脂肪酸をつくり出してくれ、その結果、肌の表面は常にpH4.5~6.5の弱酸性を保たれるのです。

また、アクネ菌はニキビの原因の菌といわれていますが、皮脂を分解して脂肪酸とグリセリンをつくり、皮脂膜の材料となっています。

皮脂膜は天然のクリームといわれるもので、その材料をつくるということは肌の保湿にとても大切な存在なのです。

このように、肌にとって非常に重要な役割を果たしてくれている皮膚常在菌ですが、メイク&スキンケアをしすぎると損なわれていくそうです。

パラペンなどの強力な防腐剤、あるいはパラペンフリーであってもアルコール(殺菌剤)、保存料(殺菌剤)など防腐作用があるものを配合したスキンケア化粧品は要注意。

それらで毎日スキンケアしていると、肌表面の皮膚常在菌は死滅してしまい、ピンチを招くことになるというのです。

■「育菌」に欠かせない 7つの方法

(1)たっぷり汗をかく

汗は常在菌の大切な食料。

特に潤いを守ってくれている表皮ブドウ球菌の大好物です。

日常的に入浴や運動をして汗をかいていると、 常在菌のバランスがととのい、肌トラブルが起こりにくくなります。

(2)スキンケア化粧品での過剰なケアを控える

肌を甘やかす過剰なケアによって常在菌の働きを弱めています。

肌の状態を観察し、必要なケアのみを行い、常在菌を育むようなケアをすることが大切です。

(3)合成化学物質が含まれるクレンジング剤、洗顔料の使用を避ける

洗浄力の高いクレンジングや洗顔は止めて、自然素材の肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

(4)質の良い睡眠を摂る

人が睡眠によって得られるのは成長ホルモンやプロラクチンというホルモンです。

成長ホルモンは細胞の生まれ変わりを促すので、質の良い睡眠を心がけましょう。

(5)皮膚表面を冷やさない

常在菌は自分自身で熱を出せないため、適温以外の温度では活動が鈍くなってしまいます。

なるべくからだを冷やさないようにして、常在菌にとってすみやすい適温を保つようにしましょう。

(6)糖質や脂質の多い食生活を控える

野菜・魚を中心にしたバランス良い食事を心がけましょう。

細胞を老化させる動物性脂肪や糖質の多い食事は良質な皮膚常在菌が育ちません。

(7)ストレスを溜め込まない

ストレスを感じると皮脂が多く出すぎてしまい、ふさがった毛穴の中でアクネ菌の以上な増殖で、ニキビとなり炎症を起こしてしまいます。

アクネ菌は必要な皮膚常在菌ですが、過剰な増殖は育菌を妨げます。

日本人は清潔好きが多く、肌を必要以上に洗いすぎてしまいがち……。

不潔にすると皮膚常在菌が増えて肌トラブルの原因になりますが、皮膚常在菌を殺さないよう、洗い過ぎず与えすぎずの適切なケアを意識して、美肌をつくる皮膚常在菌と上手につきあっていきたいですね。

(文/Marico Taguchi)

 

【参考】

※青木皐(2004)『人体常在菌のはなし-美人は菌でつくられる』集英社

関連記事