ディナーに24万円も!世界で「最も高いレストラン」トップ10

  • LINEで送る
2015.09.24

shutterstock_204329608

価格にこだわらなくても、食事を楽しむことは可能です。

しかし高価なレストランでは、単なるおいしさ以上に、食事を「経験」として楽しむことができます。匠の技やこだわり、空間やサービスの素晴らしさに触れることで、人生は潤うでしょう。

特別な日にはちょっとぜいたくして、特別な時間と経験をプラスしてみるのもいいかもしれません。

今回は『THE RICHEST』の記事を参考に、世界的にも高価な10のレストランについてまとめました。

■10:マサ(ニューヨーク)

ニューヨークのタイム・ワーナー・センターにあります。高山シェフは、ディナーに3時間のコース料理を複数用意するため、ありとあらゆる準備をします。

単純なセットメニューは存在しません。価格は税やチップを含めずに1人350ドル(=約4万3千円)からで、飲みものも同様の高価格です。

■9:禊川(京都)

フランスの精神と日本文化の調和を目指し、日本風にアレンジしたフレンチを提供しています。レストランは京都中心部の旧茶屋に位置しており、1981年から季節ごとに8つの懐石風フランスメニューのコース料理を提供しています。

1番手頃なコースで162ドル(=約2万円)です。手の込んだコースになると270ドル(=約3万3千円)+税がかかり、予約も5日以上前にとる必要があります。

■8:ル・プレ・カトラン(パリ)

流行の先端をゆくこのレストランは、フランス・パリのブローニュの森公園の中心部にあります。

税・サービス料を含めて255ドル(=約3万1千円)あれば、1人で7つのコース料理を楽しめます。夏の「バーゲン」時期には、1人199ドル(=約2万4千円)で5つのコース料理を楽しめます。

■7:ベージュ(東京)

東京の銀座、シャネルビルの最上階。2013年世界ベスト50のレストランで特別功労賞を授与された有名なシェフ、アラン・デュカスがプロデュースするお店です。

季節の日本の食材とフランス料理を提供しています。259ドル(=約3万1千円)のキノコづくしのメニュー、147ドル(=約1万8千円)の3つのコース料理、190ドル(=約2万3千円)の4つのコース料理などがあります。

■6:ゴードン・ラムゼイ(ロンドン)

ゴードン・ラムゼイは、有名なシェフであり、レストランのオーナーであり、テレビパーソナリティ。テレビ番組「ヘルズ・キッチン〜地獄の厨房」などで有名です。レストランはロンドンのチェルシー地区にあり、2001年からミシュラン3つ星を獲得しています。

季節のスペシャルコースはチップを含めて約355ドル(=約4万3千円)です。

■5:レストラン・クリシエ(スイス)

40年続くこのレストランは、最近ミシュラン3つ星に輝きました。プロのランキングとカスタマーレビューの両方から多大な賞賛を受けています。

2013年にシェフ、ブノワ・ヴィオリエは、一流のフレンチレストランガイド・ゴーミヨで19/20の評価を獲得し、スイスでは「今年のシェフ」にも選ばれました。セットメニューには複数のコースがありますが、価格は415ドル(=約5万円)です。

■4:あらがわ(東京)

「フォーブス」は2006年に世界でもっとも高価なレストランだと評していましたが、現在は違います。しかし依然として世界トップ5です。

新橋の地下にありますが、限られたスペースに22人分の席しかありません。

神戸牛が有名で、三田牛の炭火焼やビーステーキ、スモークサーモンが人気です。厳選した食材だけを使用しているので、とても高価。1人341ドル(=約4万2千円)はかかります。

■3:レストラン・ル・ムーリス(パリ)

優秀なシェフと、店主アラン・デュカスがつくり出す料理。装飾は豪華なベルサイユ風で、部屋にはクリスタルのシャンデリア、ブロンズ、大理石。ロケーションも抜群です。

524ドル(=約6万4千円)で、3つのスペシャルプレート、チーズやデザートを吟味することができます。もちろんドリンク代は別に数百ドルは必要です。

■2:海中レストラン・イター(モルディブ)

2014年ニューヨーク・デイリー・ニュースで「世界でもっとも美しいレストラン」に選ばれました。海中で180度のパノラマビューを楽しめます。

ディナーでは6つのヨーロッパ風コース料理です。価格はドリンク代やチップを含まずに320ドル(=4万円)からです。

ドレスコードもあり、ランチには子ども連れで訪れることができますが、夕食時はNG。控えめに選んでも、1人500ドル(=約6万円)はかかることを覚悟するべきでしょう。

■1:サブリモーション(イビサ)

現時点で、世界でもっとも高価なレストランです。ヘッドシェフのパコ・ランセロにいわせれば「他の場所とは根本的に異なる」ところ。パーティの場所として有名なイビサ島の、プラヤ・デ・ボッサにあるハードロックホテル内にあります。

席はたったの12人分。「感覚で楽しむ」20のコースは2000ドル(=約24万3千円)します。一生に一度の食事になるかもしれませんが、調理技術もデザインももちろん味も、すべてが素晴らしく心から楽しむことができるでしょう。

高価ですが、決して手が届かないわけではない10のレストラン。経験を味わいに出かけてみませんか?

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

The 10 Most Expensive Restaurants In The World-THE RICHEST

関連記事