河原でワイワイ芋煮が食べられる!「日本三大芋炊き」が面白い

  • LINEで送る
2015.10.03

shutterstock_202368913

秋になり、あたたかい食事がおいしい季節になりましたね。そんな季節にぴったりな「芋炊き」をご存知ですか?

先日も、愛媛県大洲市で「日本三大いもたきサミット」が行なわれましたが、全国さまざまな地域で食べられている郷土食なのです。

■1:河原で宴会する愛媛の芋炊き

愛媛県大洲市が発祥といわれ、現在では愛媛県の各地で行なわれている芋炊き。河原で食べる光景は愛媛の秋の風物詩です。

愛媛県のなかでも南予といわれる地域で特によく食べられます。新芋を神様に供え、豊作を感謝したことが起源といわれています。河原だけではなく、秋になると家庭でも芋炊きを食べるそうです。

愛媛の芋炊きは里芋とこんにゃく、鶏肉、きのこ、油揚げなどが基本ですが、地域によって川ガニ、タコやじゃこ天が入ったりといろいろ。そして味は甘めの醤油ベースのスープです。

■2:直径6mの大鍋でつくる芋煮を食べる祭りがある山形

山形県では「芋煮」と呼ばれ、愛媛と同様、秋になると河原で食べます。舟運に関わる商人や船頭が荷揚げや風待ちの間につくって食べたことがはじまりだとか。

山形の芋煮発祥の地といわれているのは中山町です。この町の最上川せせらぎ公園には、なんと「いも煮広場」があるというからビックリ。

さらに驚きなのは、山形では直径6mの大鍋でつくった約3万食の芋煮が振る舞われる「日本一の芋煮会フェスティバル」が27年間も開催されていること。想像できない大きさですね。

山形の芋煮は牛肉が入っていることが特徴です。でもこれは昔からのことではなく、昭和に入ってからの習慣。なお山形でも、地域によって具材などは少しずつ違うそうです。

■3:小鯛が入る島根の芋煮

島根県西部の津和野町の郷土料理である芋煮は、あぶった小鯛が入ります。四方を山で囲まれた地域ですが魚の行商ルートが発達していて、古くから栄えた土地であったため日常的に海の幸が手に入ったのだとか。

芋煮の時期になると地域のお店ではあぶった小鯛が売られ、季節を感じられる光景となります。小鯛ではなく、鯖を使う場合もあるそうです。

さらに特徴的なのは、他の2つの地域の芋煮と違って具材がシンプルなこと。里芋とあぶった小鯛だけで、塩とうす口醤油、みりんで味を整えたら柚子を散らして完成です。

また津和野の笹山地区の里芋はキメの細かさとコシの強さがバツグン。そんなこともあり、津和野の芋煮は郷土料理になったのですね。メインの里芋が絶品の津和野の芋煮、一度食べてみたいものです。

涼しくなったこの季節、「懐かしい!」と思った方もはじめて聞いた方も、あたたかい芋煮を楽しんでみてはいかがでしょうか。

(文/料理家・まつながなお)

 

【参考】

【告知】日本三大いもたきサミットinおおずを開催!(9月26日(土曜日))-大洲市ホームページ

関連記事