1日30秒でできる!キャリアアップ&お金に好かれる7つの習慣

  • LINEで送る
2015.10.08

shutterstock_249162187

キャリアやお金を得たいと思ったとき、まず思いつくのは忙しく働くこと。しかし、忙殺されるほど働けば金銭は得られますが、使う時間が削られ本末転倒になることも。

できるだけ仕事に費やす時間を抑えつつ、同時にキャリアアップしていきたいですよね。でも、忙しい一日のなかのたった30秒を費やすだけで、キャリアや金銭面にメリットをもたらす行動があるというのです。

今回は『Fox Business』の記事を参考に、「30秒でできるキャリアのための習慣」をご紹介します。

■1:重要な課題を3つに絞る

シンプルに物事を捉えれば、本当に重要な課題は少ないはず。まずその日の課題を3つに絞りましょう。そうすれば実行するべき内容も減り、達成度がアップします。

電子メールを眺めて1日をやり過ごすのは簡単ですが、課題をたった3つに絞れば、小さな課題を設定することはないはずです。時間を有効的に使いましょう。

■2:会議をする前に要点を絞る

会議でも電話のときでも、重要な点を書き留めてまとめる時間をつくりましょう。会議を円滑に進めるためには、最初の事前準備が肝心。優先順位も理解しておきましょう。

ときにはアプリを使用して、価値ある30秒をはかってください。

■3:自分の時間も金銭的な価値に置き換えて計算する

仕事中の自分の時間を、金銭的な価値に置き換えて考えたことはありますか? 1分を無駄にした場合、どのくらいの価値を失ったことになるのかを考えてみると、時間をより大切にできるかもしれません。

時給を計算してみましょう。

時給1,000円と仮定すれば、1日3時間の労働の原価は3,000円。場合によっては自分の貴重な1時間を確保するために、ハウスキーパーを雇うことも可能です。自分自身の労働価値を知り、時間の節約を試みましょう。

自分の時間の価値を知ることは、よりよい意思決定にもつながります。必要な仕事量、充電に必要な時間も把握できるため、キャリアアップにつながります。

■4:気分を落ち着かせる

愛らしい動物写真を見ることは、集中力のアップにつながり、パフォーマンスを向上させます。

かわいい生きものの姿は肯定的に「見たい」と思えるため、仕事中にはよい効果が期待できるのです。自分自身の休憩時間に眺めることができればよいですね。

次に「30秒でできる、お金に好かれる習慣」をご紹介します。

■1:購入する前に自問自答する

欲しいものには、すぐ手に入るものもあれば、時間をかけてまとまったお金を貯蓄しなければ手に入らないものもあります。

なにかを買う前に、そのアイテムが本当に必要かどうか自問自答してみてください。購入するにしろしないにしろ、自問自答はタダです。一呼吸置くことが大切です。

■2:領収書やレシートの写真を撮ってお金の管理をする

家計簿ほど「やろうと思っても続かない」ものはありません。レシートや領収書を貯めれば貯めるほど、記録する気も失せるというものです。

無料アプリなど、便利サービスやアイテムを活用しましょう。レシートや領収書の写真を撮るだけで記録できるサービスもあります。毎日のお金の流れがわかれば無駄も省きやすいので、ぜひ試してみてください。

■3:常に「目標」を財布に携帯する

マーケティングリサーチ・ジャーナルの研究で、貯蓄をするときのコツがわかりました。日常的に、視覚情報として目標物を意識させることが重要なのです。たとえば財布に行きたい海外旅行先の写真や、欲しいものの写真を入れておくのがおすすめです。

貯蓄のコツは目標を常に意識すること。目標物を視覚化すれば記憶にも残りやすいですし、日常的に見られる環境をつくれば忘れることもありません。

新たな習慣を身につけ、30秒で新たな価値を創造しましょう。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

7 Simple, 30-Second Habits That Can Help Boost Your Career and Finances-Fox Business

関連記事