左右で胸の形が違う人は35%も!胸についての意外な5つの事実

  • LINEで送る
2015.10.12

shutterstock_201864136

女性にとって、乳房はとても大切なもの。当然ながら乳がんは脅威ですが、数少ない触って発見できるがんでもあります。胸について関心を持つことは、大切なことなのです。

でも乳房について、友人やパートナーとは話しにくいのも事実。そこで今回は、イギリスのニュース記事を参考に、話題のきっかけになりそうな乳房や乳首についての意外な数字トリビアを5つご紹介します。

■1:乳がんには複数のタイプがある

「乳がん」とひとことでいっても、いくつも種類があります。

大きくは、乳管や小葉の細胞に発生したがん細胞がまわりの組織に広がる「浸潤(しんじゅん)性管がん」、比較的早期のがんで、まわりの組織に広がらず組織内に留まっている「非浸潤性乳管がん」に分けられます。

また、発生率はそれほど多くありませんが、乳頭や乳輪部の皮ふにできるがんの一種「パジェット病」、乳頭周辺に赤みやただれが起こる「炎症性乳がん」などもあります。

このほか、細胞の成熟度によって「乳頭腺管がん」「充実腺管がん」「硬がん」などと呼ばれるがんも存在します。いずれにしても、定期的にがん検診を受けて早期発見することがなによりも大切です。

■2:乳がん患者の約1%は男性

まれなケースではありますが、残念ながら事実です。

全乳がん患者のうち男性は1%未満といわれ、イギリスでは、年間5万人の女性が乳がんになる一方で、350人の男性が乳がんにかかっています。

女性の場合、胸部を触ってしこりがある場合は乳がんを疑いますが、それは男性にもいえること。このほか、女性の乳がんについていわれているリスク因子や自己チェック法など多くのことは、男性にも当てはまります。

万が一、しこりなどの徴候が見られた場合は、男性でも医師の診察を受ける必要があります。

■3:乳首には8種類もある

標準形、乳首が平らなもの、乳輪がふっくらしていて乳首が小さめなもの、乳首が短いもの、長いもの、それに陥没乳首がその程度によって3種類に分かれており、合計8種類。

「片方は標準的だけれど、もう片方は別のタイプ」ということも少なくありません。ある研究によると、1つの乳首は標準的でもう一方が標準でなかったケースは35%だったそうです。

お風呂に入った時などに、乳首を注意深くチェックしてみてください。また、出産や授乳によっても乳首の形は変わっていきます。

■4:成長期のうつ伏せ寝は危険

思春期のころ、「うつ伏せに寝ると胸がつぶれる」なんて噂に怯えた女の子もいたはず。

この噂、本当なんです! 成長期に日常的にうつ伏せに寝ていると、胸の形が崩れてしまいます。発育がよく、形のよい胸を維持するためにはあおむけで寝るのがベスト。

うつ伏せはもちろん、横向きや、背中を丸めるなど、ほかの姿勢で眠ることは胸の成長にとってはマイナスです。年頃の娘さんをお持ちの方は、それとなく教えてあげるといいかもしれません。

■5:思春期を過ぎても胸は成長している

「もっと胸が大きければ……」とお悩みの若い方に朗報です。胸のサイズは10代後半から20代まで、成長し続けているのです!

胸の発育を促すためには、女性ホルモンの活性化が有効。女性ホルモンを活性化させる栄養素を意識して摂るなどで、20代になってもまだ胸を大きくすることは可能です。

たとえば、女性ホルモンとよく似た働きをする食べ物に「イソフラボン」があります。納豆や豆腐など、大豆製品に多く含まれています。

また、キャベツやりんごに含まれる「ボロン」という栄養素が女性ホルモンの分泌を助ける働きがあることも知られています。こうした食品の力も活用して、豊かなバストを目指すのもいいですね。

自分の体について深く知ることは、自分の体をもっと大切にすることのはじまりです。こんな雑学を入り口に、改めて自分の体と向き合うきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

(文/よりみちこ)

 

【参考】

10 Weird Facts About Your Boobs That Are On A Need-To-Know Basis-sofiminine

男性乳がんの治療-がん情報サイト

関連記事