ピザの味を全く変えずにカロリーを大きく減らす方法が発見される

  • LINEで送る
2015.10.12

shutterstock_249339532

秋の夜長、テレビでスポーツや映画を見ながらコーラ片手にピザをつまむ……。たまらないシチュエーションですよね。

でも、女性にとって気になるのはカロリー。ピザはとってもおいしいですが、高カロリーな食べ物の代名詞。ダイエット中はタブーのイメージがあります。

しかし、ちょっとした工夫で、ピザのカロリーをカットできる方法があるのだとか。『Mirror』では、ピザの味をまったく変えずに、カロリーだけをカットする、画期的な方法を紹介しています。

ダイエット中の方も、コレステロール値が高めの方も、試す価値アリです。

■表面をナプキンで軽く押さえるだけ!

用意するのは紙ナプキンだけ。この紙ナプキンでピザの表面を軽く押さえ、油を吸わせるだけで大幅なカロリーダウンができちゃうんです。

一般的なペパロニピザは324kcal。このうち、117kcalは脂肪分によるものです。ピザ1切れは120gほど。

このうちの脂肪は13gで、紙ナプキンを使うことにより、4.5gの脂肪を取り除くことができます。すなわち40.5kcalもカットできるということ。

■1年間で20.4枚分はなかったことに

成人女性が1日に必要なエネルギーは2000kcalほど。脂肪は1日に70g必要だとされています。男性の場合は2500kcalで、脂肪は90g必要です。

紙ナプキンで油を吸い取ると、117kcalあった脂肪のカロリーを76.5kcalに減らすことができます。これは1年間では3523.5kcalものカロリーダウンになります。体重でいうと861gの差。これは無視できません。

平均的なアメリカ人は、1年に10kgのピザを食べているといわれています。

これはおよそ28,188kcalで、87枚分になります。ところが紙ナプキンで油を吸い取って食べると、カローは21,532.5kcalになり、66.6枚分の計算になります。油を吸い取るだけで、1年間で20.4枚分はなかったことになるのです。

表面に浮いている油をちょっと吸い取るだけですから、味にもまったく変化がありません。むしろ油っこさがなくなって、食べやすくなりそうです。

浮いている油をふき取るとは盲点でした。

でもたしかに、揚げものの余分な油をキッチンペーパーで取り除く方法もありますよね。どうしても油っこいものを食べたい食いしん坊ダイエッターたちの知恵が光ります。目からウロコの超お手軽ダイエット、食欲の秋に試してみては?

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

Simple trick removes a third of calories from your favourite pizza – without changing the ingredients-Mirror

関連記事