十代の友情関係は成人後の健康状態に影響していることが明らかに

  • LINEで送る
2015.10.18

shutterstock_187290716

十代のころに過ごした友だちと、いまでも連絡をとっていますか?

環境が変われば友だちも変わります。思い出が色あせることはなくても、実際に良好な関係を保ち続けることは難しいかもしれませんね。

研究によって、特に十代の時期に育まれた強力な友情は、その後の人生によい影響をもたらす可能性があることがわかりました。

今回は『Student Science』の記事を参考に、十代の友情がもたらすその後の生活への好影響についてまとめました。

■友情関係は人の健康状態に影響を与える

他人の意思に影響されて思考することは、自分のためにならないときもあります。友情関係においても同じです。しかし、ともに行動し、生活するからこそ得られる友情関係にはプラスの影響も。生涯の友人となる可能性さえあります。

深い友情は親友を生み、それは健康状態にも影響を与えます。人は孤独を感じる生きものですが、深い友情は人へ肯定感を与えるでしょう。十代の若者だけではなく、大人になってもその好影響は続きます。

■友情関係の調査で健康への影響が判明

バージニア大学の心理学者であるジョセフ・アレン氏の研究チームは、十代の友情関係が、大人になったときどれほど健康状態に影響を与えるのか調査しました。

171人の当時13歳のティーンに対し、年1回のインタビューを5年継続したといいます。研究の対象者のメインは十代の若者でしたが、インタビュー対象者は彼らの親しい友人にもおよびました。

友情関係にある双方の話を聞くことで、友情の「品質」チェックをしたのです。そして正と負、両方の側面について質問をしました。

アレン氏は同じ171人に対して、成人後25~27歳になったときの健康状態に関する追跡調査を行いました。結果、十代の友情関係と成人後の健康状態には強い相関関係が認められたのです。

親しい友情関係があった当時十代の若者たちは、より健康な成人となっていたということ。自分の感情を表現できる友人がいたかどうかは、のちの健康状態に影響を与える結果となったわけです。

ひとりで行動することが多かった若者よりも、好んで友人とともに行動していた人の方がより健康的であることも判明しました。

■ただし、友情関係は諸刃の剣でもある!

友情関係は好影響ばかりではありません。誰かとともに行動するということには、間違った方向に進んだ場合に後戻りしづらいというデメリットもあるのです。たとえば薬物使用や犯罪などを、集団では肯定してしまいがちです。

ロンドンのカナダ西部大学の心理学者であるタラデュマ氏は、この友情関係が持つ悪影響の可能性について危惧しています。大多数の友情関係が素晴らしい結果をもたらすからこそ、間違った圧力に屈すれば危険行動へ進みかねない。このことは、頭の片隅においておくべきでしょう。

アレン氏も、このような状況に対処することは継続的な課題であると認めています。

友情関係の狭間で間違った方向に進みかけたとき、「NO」と意思表示することはときに難しいかもしれません。適切なバランスを見つけることが鍵であることは間違いなく、十代の子を持つ親はその点を理解しておくべきでしょう。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

Teen friendships may make for healthier adults-Student Science

関連記事