実は国際学校図書館月間!世界の「10月」にまつわる10の事実

  • LINEで送る
2015.10.18

shutterstock_317479337

10月も半ば、夜はすっかり肌寒くなりました。上着を持って外出することも多くなり、まもなく訪れる冬の足音が聞こえてきそうです。

今回は『Express』の記事を参考に、そんな10月にまつわる10の世界的な事実についてまとめました。

■1:ドイツの街ではアヒルのレースが毎年10月に開催

ドイツのテュービンゲンでは、毎年10月に恒例の「ラバーダック・レース」が開催されいます。子どもがお風呂に浮かべるような、ゴム製のアヒルが主役のレースです。

レースは正午開始。誰でも参加可能な一大イベントとなっており、7,000以上のアヒルが出場します。

■2:フィンランド語で10月の意味は「泥の月」

フィンランド語で10月は“Lokakuu”といいます。“Loka”には泥という意味があり、“kuu”は月を表しています。

比較的10月のフィンランドは曇りや雨の日が多く、地面が泥状になることが多いことからLokakuuというそうです。それにくらべると、日本の10月は過ごしやすい季節ですよね。

■3:アングロ・サクソンのことばで10月は冬の意味が含まれる

アングロ・サクソン系のことばで10月は“Winterfylleth”といいます。直訳では「冬の」とか「冬っぽい」という意味になります。寒くなる日も近そうです。

■4:十月革命は本当は11月革命だった

ユリウス暦の、1917年10月25日に起こったロシアの十月革命。現在のグレゴリオ暦に直すと、実は現在の11月7日にあたります。

■5:10月は国際学校図書館月間

国際学校図書館協会(IASL)は、2008年から毎年10月を「国際学校図書館月間」と制定しました。2007年までは10月の第4木曜日を「国際学校図書館デー」としていたのですが、2008年以降「月間」に変更しました。

■6:英国の10月は様々な強化月間

英国では10月を、黒人歴史月間、ループス病意識向上月間、乳がん月間、コレステロール教育月間に指定しています。

■7:アカデミー音響効果賞と10月の関係

1990年に制作された「レッド・オクトーバーを追え!」は、アカデミー音響効果賞を受賞した映画のうち「10月」がタイトルに入る唯一の映画です。

■8:歴代アメリカ大統領の誕生月で最も多いのが10月

歴代アメリカ大統領のうち、6人の大統領の誕生月が10月です。

■9:歴代イギリス首相の誕生月で多いのも10月

歴代イギリス首相のうち、5人の誕生月が10月でした。

■10:10月最終週のロンドンは確実に雨?

10月最終週のロンドンでは、かなりの高確率で雨が降ります。10月終わりから11月にかけてのロンドン旅行はお勧めできないかもしれませんね。

何気なく過ごしている10月を、違った角度から見てみました。まもなく訪れる11月も、楽しく過ごせるといいですね。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

Top 10 Facts you didn’t know about October-Express

関連記事