20代のシングル女性だけが気付いている「人生の真実」10選

  • LINEで送る
2015.10.22

shutterstock_245173309

20代、恋をしてパートナーがいるときは日々が潤っているでしょう。でもそれと同じくらい、シングルで過ごす日々も素晴らしいものなのです。

今回は『METRO』の記事を参考に、シングル20代女子だけが本当は知っている10のことについてまとめました。

■1:ひとりの時間は意外に充実している

10代のころは、なにをするにも誰かと一緒。でも20代になって社会に出ると、ひとりで行動することも増えてきます。そのことに不安や恐怖を感じることもあるかもしれませんが、自分は自分でしかありません。

ひとりでなら、好きなときに好きなものを食べて、好きなDVDを見て、好きに時間を使えるのです。それを不幸だと思うなら、そんなにも素晴らしい時が限られたものであることに気づけていないだけです。

■2:自分の目標のために時間を使える

世界を旅してみたい、仕事のためにチャンスをつかみたい、心を熱くさせてくれる人と出会いたい。そのためにはどうすればよいでしょう?

実現のために行動するのみです。自分のためにフットワーク軽く動けるのは、20代の限られた時間だけです。30代になるまで待つのですか?

■3:出会い系アプリにハマるとろくなことがない

アプリでの出会いはひどいものだと断言できます。匿名性に特化したサービスは特に、貴重な時間の無駄です。

■4:まわりがみんな結婚すると、焦らされる

SNSで友人の近況更新を見るたびにドキドキする年代が20代。突然の結婚や妊娠、転職のお知らせもあるかもしれません。そのたびに「自分はどうなのか」と焦るかもしれませんが、他人は他人、自分は自分です。

■5:「20代女子・独身」は家族の格好のネタ

結婚適齢期といわれる20代に独身で、彼氏すらいなければ、家族からなにをいわれるかわかりません。適齢期など本来は存在しませんが、他人から見れば格好の標的のようです。時代遅れなからかいは、無視するに限ります。

■6:友人と濃密な時間を過ごせる

自由な時間が多い分、誰かと共に時間を過ごすことも簡単。古い友人に会うことはもちろん、新しい人と出会えることもシングル20代女子の特権です。

■7:友人の支えになれる

辛いとき、悲しいとき、時間や気持ちに余裕のあるシングル20代女子なら友人の痛みの支えになります。失恋した傷心の友人を癒すことができるのは、素晴らしいことだと思いませんか?

■8:若いのでたくさんミスができる

若いのは10代のうちだけではなく、20代もまだまだひよっこ。どれだけ失敗しても取り返す時間が膨大にあります。まだまだミスをすることを恐れる年齢ではないのです。

■9:ときどき独りが寂しい

常に一緒にいてくれる関係の人がいないシングルだと、寂しい夜もあるでしょう。でも寂しさを受け止めて自分の弱さを知ることで、きっとまた自分を好きになれます。

■10:壁にぶつかっても、乗り越えられたら自分の糧になる

結果への過程で遠回りしても、着地点が目指していた場所と違っても、それはいつか自分の糧になります。

✳︎

20代は経験を積むことができ、失敗のできる時期。いまという時間を大切に抱きしめて、できることすべてを成して進んでいきましょう。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

10 things you’ll only know if you’re single in your 20s-METRO

関連記事