電卓のクリアキーで見抜く?簡単に数字の得意度がわかる計算問題

  • LINEで送る
2015.10.27

shutterstock_159037580

こんにちは。深沢真太郎です。

ビジネスパーソンを数と論理に強くする「ビジネス数学」を提唱する、教育コンサルタントです。

さっそくですが、1つ簡単な計算問題をご用意しましたので、ちょっとチャレンジしてみませんか。

あぁ、電卓はぜひご活用ください。それでは、まいりましょう。

■数字が「得意か苦手か」わかる計算問題

「ある店の前月の平均客単価は1,300円、来店者数は1,250人、購入率は3.0%でした。今月はオフシーズンのため、来店者数は2割減が予測されます。

平均客単価はキープしつつ、購入率は1.5倍にアップさせたら今月の売上げは前月の何%増えるでしょうか(ただし、ここでは電卓のメモリー機能は使用不可です)」

……私は仕事柄、多くの企業で社員研修をお預かりします。

その際のアイスブレイク、あるいはウォ−ミングアップとしてこんな問題をみなさんにやっていただくことがよくあるのです。

しかし、実はこんな簡単な問題ひとつで、受講者のレベルが高いか、(失礼ながら)数字が苦手な方たちかがすぐに把握できます。

■「9割」のビジネスパーソンがする行為

「まず前月の売上高は……

(前月の平均客単価)×(前月の来店者数)×(前月の購入率)

=1,300×1,250×0.03=48,750円

(電卓のクリアキーを押した後に)

次に今月の売上高は……

(今月の平均客単価)×(今月の来店者数)×(今月の購入率)

=1,300×(1,250×0.8)×(0.03×1.5)=58,500円

(電卓のクリアキーを押して計算を消した後に)

えっと……、では増加率を求めよう。

今月の売上高÷前月の売上高=58,500÷48,750=1.2

つまり、前月より20%増です!」

■「1割」のビジネスパーソンがする行為

「0.8×1.5=1.2

つまり、前月より20%増です!」

デキる人は、変化するところだけを見て必要な計算だけします。

時間にしてせいぜい10秒。しかし、そうでない人は同じ数字を何度も入力したり、クリアキーを何度も押したりしている。この問題に関しては、時間にして1分程度でしょうか。

デキる人は電卓のクリアキーを押さない。

私は、電卓の操作を見ればその人がすぐにわかります。さて、あなたはどっちでしたか?

(文/深沢真太郎)

 

【参考】

深沢真太郎(2015)『数学女子 智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです』日本実業出版社

suzie.20150629

関連記事