地上から100メートル以上ある「日本の展望台」トップ10

  • LINEで送る
2015.11.05

shutterstock_225558376

いつもとは違う景色を見られる展望台は、気分をリフレッシュさせてくれます。

昼間の景色も、夜景もどちらもステキ。

「高所恐怖症だから無理!」という人もいますが、怖くなければぜひ足を運びたい場所。そこで、日本で最も高い展望台トップ10を揃えてみました。(あくまで展望台の高さで建物の高さではありません)

■10位:『海峡ゆめタワー』(山口県)143メートル 600円

山口県下関市にある「海峡ゆめタワー」。360度の大パノラマからは瀬戸内海、関門海峡、巌流島などが一望でき、気分爽快です。

展望台にあがるのもいいけれど、展望台を眺めるのも楽しみのひとつ。

タワー脚部のライトを時期によって寒色と暖色で変えるだけではなく、曜日ごとにライトアップされる色も変えているのです。

下関の美味しい海の幸を食べたあと、散歩がてらに寄ってみるのもいいですね。

■9位:『梅田スカイビル』(大阪府)173メートル 800円

大阪駅前にある「梅田スカイビル」の目玉は「空中庭園」。

この展望台にはデザイナーズチェアがあちこちにあり、好きな場所でくつろぐことができます。

「ラッキーサービス・バースデー」では、誕生日当日のみ展望台への入場料が無料になります。

さらに同伴者は4名まで、20%割引になるサービスを実施。誕生日に眺める景色ってどこか違うように見えそうですよね。

■8位:『東京都庁』(東京都)202メートル 無料

東京新宿にある「東京都庁」の展望台は、うれしい入場料。無料で360度東京の街を一望できるなんて、とてもステキです。

しかも、夜11時までやっているんです。新宿駅から少し歩きますが、ショッピング帰りにフラッと立ち寄ってみるのもいいですね。

■7位:『ミッドランドスクエア』(愛知県)220メートル 750円

名古屋駅前にある「ミッドランドスクエア」。オフィス棟の44F~46Fにある屋外型展望施設からは、名古屋市内を一望できます。

夏期は夜11時まで、冬期は夜9時までと、営業時間が違うので要注意。

元旦は早朝5時半から営業しているので、初詣の帰りに寄って初日の出を見るのもいいでしょう。

■6位:『六本木ヒルズ森タワー』(東京都)238メートル 1,800円

六本木のど真ん中にそびえ立つ「六本木ヒルズ森タワー」は、商業施設やミュージアム、映画館も入っていて、一日中楽しめるビルです。

ショッピングや映画を楽しんだあと、展望台で夜景を見るなんてロマンチックですよね。

入場料は1,800円で、展望台としては高めの設定。でも、セレブ感を味わえるとしたらOKな金額かも。

■5位:『東京タワー』(東京都)250メートル 700円

東京の観光名所といえば、「東京タワー」を忘れるわけにはいきません。

まさに老舗の展望台。全長は333メートル。特別展望台の高さは250メートルで、東京を一望できます。

東京スカイツリーに高さは越されてしまいましたが、穴場スポットとして外せません。

150メートルの大展望台は900円、特別展望台は700円と別々にも行けますが、セットになった1,600円もお得です。

■4位:『大阪府咲洲庁舎・コスモタワー』(大阪府)256メートル 510円

シースルーエレベーターで一気に52階までGO!

展望台に設けられた「ボックスシート」は夜景が独占できるスペシャルシートがあります。恋人と行ったらラブラブ度がアップしますよ。

夜10時まで営業しており、しかも入場料が510円とは、まさに公共施設ならでは。これなら何度でも行けちゃいます。

■3位:『横浜ランドマークタワー』(神奈川県)273メートル 1,000円

横浜みなとみないにそびえ立つ「横浜ランドマークタワー」。1993年に建設されて、横浜のイメージを一気に変えました。

数多くのドラマに登場し、地方から見学にくるほどの観光名所。首都圏に住んでいる人たちにとっては、お約束のデートスポットです。

■2位:『あべのはるかす』(大阪府)300メートル 1,500円

2014年に大阪に登場した「あべのハルカス」は注目のスポット。大阪ミナミの新しいシンボルとなりました。

オフィスや商業施設が多く入り、外国人の方も多く訪れる観光名所となっています。

■1位:『東京スカイツリー』(東京都)450メートル 2,570円

ダントツの逆さを誇る、東京スカイツリーは東京の新名所となりました。

一番上の展望台の高さは、450メートル。入場料も2,570円もとかなりの高さ。それでも、日本一の高さからの景色を眺めたいという欲望は抑えきれられませんよね。

ほかにも、340メートル、345メートル、350メートルにも展望台があります。下から順番に景色を見くらべてみるにもいいかも。

まだまだ全国各地には展望台がたくさんあります。たまには気分転換に空の上まで行ってみるのも楽しいです。

高いところから下を眺めると、いつもとは違う感覚になって、もし悩みごとがあったとしたら、吹っ飛んでしまうかもしれませんよ。

(文/Jeana)

関連記事