私たちが数字に惑わされてしまう原因はなんと「単位」にあった!

  • LINEで送る
2015.11.10

shutterstock_296099903

こんにちは。深沢真太郎です。

ビジネスパーソンを数と論理に強くする「ビジネス数学」を提唱する、教育コンサルタントです。

あなたは意識していないかもしれませんが、私たちは「数字」を読んだり、口に出したり、見せたりしているわけではありません。「数字」と「単位」をセットにして読んだり、口に出したり、見せたりしているのです。

たとえば「100」という数字を見せられても、いったい何のことかサッパリわかりません。しかし、「100人」となればその数字の意味合いがわかります。

つまり、数字を正しく読むとは、単位を正しく読むことでもあります。

裏を返せば、数字に惑わされるタイプの人は、単位を正しく読み取れていないのです。いくつか例を挙げましょう。

■数字に騙されてしまう例

「タウリン1,000mg配合!」

健康ドリンクのCMなどでお馴染みの数字ですね。ご存知の方も多いと思いますが、1,000mgは1gです。

「タウリン1g配合!」

実際のCMで使われているのが前者であることはご存知でしょう。

数字を大きく見せるため(その成分がたくさん入っているように思わせるため)、伝える側がしたことはたった1つ。単位を変えたことです。

■小さい金額に見せる場合

もしあなたが1,000万円という金額を少しでも小さい金額に見せたい場合、どんな工夫をするでしょうか。

1,000万円という金額自体は変えることはできませんから、表記を変える以外に方法はありません。おそらく、あなたはこのような発想に至るのではないでしょうか。

「1,000万円=0.1億円=0.00001兆円」

そう、単位を変えることで表記する数字を変える発想です。

結局のところ、数字を使って相手を惑わそうとする人の発想は、次のいずれかしかありません。

・小さい数字を大きく見せる

・大きい数字を小さく見せる

そして、そのためのテクニックはごく限られたものしか存在しません。

数字に騙されないためのコツの1つは、単位をしっかり読むこと。ただこれだけです。

余談ですが、これもまた単位を上手に操るテクニックの1つですね。

「レモン1個分のビタミンC」

レモン1個分のビタミンCがどのくらいか、ご存知でしょうか。

清涼飲料水の業界では、これを20mgと定義して表記することになっているそうです。20mgとは、たとえば風邪薬などの錠剤やカプセル1個分の重さに過ぎません。

ビタミンCが20mgと言われるとなんだか少ない気がしますが、レモン1個分と言われるとあの酸っぱいレモン1個を想像しますから、ものすごいビタミンCの量だとつい思ってしまいます。

直感に頼らず、数字に惑わされず、正しい認識で「レモン◯個分のビタミンC」を補給したいですね。

(文/深沢真太郎)

 

【参考】

深沢真太郎(2015)『数学女子 智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです』日本実業出版社

suzie.20150629

関連記事