お一人様を楽しむ女性に「絶対に口にしてはいけない」10の台詞

  • LINEで送る
2015.11.13

shutterstock_248765926

おひとりさまでも楽しみやすい世の中になりました。

なのに、いまだに「パートナーがいる方が楽しい、幸せ」とアピールしてくる人たちがいるので、おひとりさまは困惑しているかも。

今回は『METRO』の記事を参考に、おひとりさまに絶対にいう必要のない10のことについてまとめました。

幸せのかたちは人それぞれ。自分の意見を押しつける行為は迷惑この上ないので、こんな台詞は吐かないように気をつけましょう。

■1:「いい人探してる? 2人でいた方が楽しいよ」

大きなお世話です。2人でいることが幸せであるとも限りません。

■2:「まだ出会い系をやっているの? あんなのヤリたい人の集まりでしょ!」

出会い系アプリで出会って結婚まで進むカップルもいます。他人が出会い方にどうこういうべきでしょうか?

■3:「出会い系アプリは試してみたの?」

そう問いかける前に、自分の携帯電話を開いてみてください。これまで出会い系アプリ、InstagramやFacebookなど出会いにつながりそうなアプリをインストールして、婚活していましたか?

■4:「“いいな”と思った人と出会っても、その隣の人が寄ってきてしまうものよ」

実体験からいっているのでしょうか? すでに出会っている人ほど、自分の価値観や先入観のカタマリになっていないでしょうか?

■5:「出会い系アプリとかサイトは少し休憩して、自然な出会いを期待した方がいいんじゃない?」

こんな無責任なことをいって、3ヶ月後にも出会いがなかったら出会いを「つくろうと」していたおひとりさまに失礼です。

■6:「思うに、自分を表現する努力が足りないのよ」

恋人は、自分を表現しただけでできるというものではないでしょう。

■7:「多分、えり好みしすぎなのよ」

つきあう人を選んでなにが悪いのでしょう。誰にでも相手を選ぶ条件はあるはず。条件に合う人と出会えたか、まだ出会えていないかの違いでしかありません。

■8:「なんで相手がいないのかわからない。いい女なのにね」

それほどまでに褒めてくれるなら、誰かいい人紹介してくださいな。

■9:「まだ若いから、まだまだ時間はたくさんあるよ」

よくそんな無責任なことがいえたもの! もしいま28歳で今日出会って、1年後くらいに一緒に住めても、プロポーズは3年後、結婚までにまた1年か2年……。そうなったときは何歳? 子どもを望むなら、全然時間がないのです。

■10:「本当に独身時代が恋しいの」

本当に? だったら、離婚すればいいのに。

シングルの悩みはカップルにはわかりません。無責任で不用意な言葉で大切な友人を失わないように、気をつけてみて。何気ない言葉こそ凶器です。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

10 things you need to stop saying to single people-METRO

関連記事