朝ではなく夜のシャンプーで1日の汚れを落とすべき5つの理由

  • LINEで送る
2015.11.13

shutterstock_180341654

みなさんは朝シャン派ですか? 夜シャン派ですか? 実は、プロの美容師さんに聞くと、ほとんどの人が「断然、夜シャンです」といいます。なぜなのでしょう?

今回は都内の人気サロン『MINX青山店』の代表を勤める、中野太郎さんにその理由をお伺いしました。

■1:1日行動した後の髪の毛&頭皮は臭い&汚いから

「スタイリング剤の汚れ、空気中のチリやホコリの汚れ、汗や皮脂による脂汚れなどなど……。実は、髪は1日にずいぶん汚れるものなのです。これらを落とさずに寝るなんてありえません」と中野さん。

ただ、汚れをとることを意識する場合、シャンプーのしかたにポイントがあるそうです。

「髪の汚れの8割は、湯洗いだけで落ちます。ですから、『シャンプーは、髪を洗うものではなく、頭皮を洗う』と意識することが大事です。指で頭皮を動かすイメージで洗うといいでしょう」

■2:寝具全般が汚れるから

汚れた髪&頭皮のままで寝ると、まくらや布団も汚れます。においもつくので、彼氏や彼女に嫌われたくなかったら、夜シャンがベスト!

「ただし、髪が濡れたままの髪で寝るのはNGです。癖がつきやすいだけではなく、濡れている髪は乾いているときの髪よりもずっとダメージを受けやすいので、まくらや布団との摩擦で、傷みやすくなります(中野さん)」

■3:寝ている間に健康な髪が生えるから

中野さん曰く、「髪は、夜の間(22時~2時)に生えやすくなります。成長ホルモンが分泌して、健康な髪の毛が生えやすい時間がこの22時~2時のゴールデンタイムなのです。この時間帯に頭皮が汚いままだと、健康な髪の成長を妨げます」。

抜け毛、薄毛を気にしている人は、とくに夜シャンがおすすめだそうです。

■4:朝シャンは頭皮にダメージを与えやすいから

「朝、シャンプーする人は、頭皮がむきだしの状態で外出するようなものだと思ってください」と中野さん。

頭皮に必要な皮脂が分泌するには時間がかかり、シャンプーしてから5~6時間は必要だと言われているのだとか。

「つまり、朝シャンだと大事な皮脂がないまま出掛けるはめになるということ。頭皮が無防備な状態で、紫外線などの刺激を受けることになるので、髪にも頭皮にもダブルパンチです」

■5:朝シャンは雑になりやすいから

朝はそもそも忙しいので、シャンプーもすすぎもいいかげんで雑になりがちです。

「雑なシャンプーは百害あって一利なしです。とくに、すすぎが甘くなると、髪だけではなく頭皮にもダメージが起こりやすくなります。どうしても朝シャンしたいときは、ある程度余裕をもって起きてくださいね」と中野さん。

寝グセが気になる人は、朝にシャンプーするよりも、夜に髪をしっかり乾かすことに力を入れたほうがいいそうです。

それでは、朝シャンには、メリットは全然ないのでしょうか? これも中野さんに聞いてみました。

「朝シャンにまったくメリットがないというわけではありません。たとえば、こんなメリットがあります」

(1)血行がよくなり活動的になりやすい

(2)目がさめる

(3)寝グセがなおる

(4)寝汗をたくさんかく人は体臭予防になる

「ただ、どちらかというとデメリットが多いので、お客様にはいつも夜シャンを進めています」

髪のダメージや薄毛が気になる人は、これからはぜひ夜シャンに切り替えてくださいね!

(文/佐藤友美)

 

【取材協力】

※中野太郎・・・日本の美容を牽引する『MINX』の青山店を統括する代表。技術や薬剤知識のレベルは、国内でもトップクラス。数多くの顧客を抱える一方で、日本のみならず海外の美容師向けにもセミナーを行い、その技術を伝授している。

 

【参考】

MINXホームページ

中野太郎さんのブログ

関連記事