週3時間の運動でOK!プロが語る本当に効果的なダイエット5選

  • LINEで送る
2015.11.20

shutterstock_220417051

健康的なボディを保つために運動は必須。しかし、ジムでランニングマシーンを10kmも走ったり、きついウエイトトレーニングしたりしたところで、効果的に痩せられるのでしょうか?

実際のところ、ロンドンの経済研究者によれば、わざわざジムに通って激しい運動をするよりも、毎日30分ウォーキングする方がダイエット効果が高いそうです。

今回は『Mail Online』を参考に、痩せるために本当に必要な運動量について5人のプロの意見をまとめました。

■1:3時間の運動/週(ジャスティン・マグワイア/FEジムの創設者)

週に3時間の運動が、ダイエットにはもっとも効果的です。しかし、これはジムで3時間過ごすという意味ではありません。ジムに1時間半いても、前後のウォーミングアップ・ダウンや集中力を考えれば実際にはたった40分の運動にしかなりません。

運動にもオンとオフが大切で、集中して運動する時間と休憩で力を抜く時間が必要。ただし、20秒の休憩ですむところを40秒にしてしまうと、だらだらしてしまう原因になります。運動と休憩の比率を考えて動きましょう。

また、運動にも軽いウォーキングからランニングまで、強度があります。なかでも高強度の運動は、30分以上続けることはできません。35分以上行ってしまうと、脂肪燃焼には効果的には響かないのです。

目安としては、適度な強度の運動を週に150~250分行うのがもっともダイエットに効果的です。毎日30分ハイペースのウォーキングをするのがよいでしょう。

■2:18分間のインターバルトレーニング/週3回(マット・ホッジズ/MPHメソッド)

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせたインターバルトレーニングはとても効果的です。特に起きてから30分の間、特に午前中に行えるのがベストです。

自身の11年間の経験から、18分が最適なトレーニング時間であると主張しています。100メートルのダッシュも30秒以内。30秒で高強度の運動、30秒でまた違った強度の運動をします。18分が過ぎたころ、そのうちの9分間はとても高強度の運動を行っていることになります。

■3:25分間の高強度インターバルトレーニング/週4回まで(ロイド・ブリッジャー/ロンドンのジムのパーソナルトレーナー)

週2~4回ほど高強度のインターバルトレーニングをするのが、ダイエットにはもっとも効果的。10~20秒のインターバルをとりながら、8つの運動と1分間の休憩を組み合わせるのがベストです。

1週間に1ポンド(=約0.5kg)減量するためには、このトレーニングを週に2~4回、25分間行うのがよいでしょう。脂肪を減らしたいなら、摂取カロリーもいつもより300~400カロリーは減らす努力を。

■4:有酸素運動と筋力トレーニング/週3回(アーニャ・ラヒリ/バリーズブートキャンプのヘッドトレーナー)

有酸素運動のような単調な動きと、筋力トレーニングのような体に負荷がかかる動きの組み合わせがダイエットにはベスト。脂肪を燃焼するのに最適な方法は、インターバルトレーニングのように違う種類の運動を組み合わせるものです。

有酸素運動も、ジョギングのような軽いものではなく、ランニングのように高強度の方が効果的。イーストテネシー州立大学、ニューサウスウェールズ大学、ベイラー大学の研究によって証明されています。

■5:30分の高強度インターバルトレーニング/週1~3回(クリス・ホール/ホールトレーニングシステムの創設者)

もっとも健康的なダイエットは、週に体脂肪の1~2ポンド(=0.5~1kg)を減量するペース。それだけ減らすには努力が必要ですが、食事や睡眠、運動に気を使ったとき、減らすべき3500カロリーは現実的な目標になり得ます。

モチベーションを保つためにも、30分という短い時間のなかにどれだけ効果的な運動を取り入れるかが重要。そういう意味で、インターバルトレーニングは最適な方法なのです。

まず週に1回のインターバルトレーニングからはじめ、徐々に週3回に増やしていくことを奨励しています。激しい負荷がかかる運動方法のため、トレーニング後、数時間はカロリーの燃焼効果が持続。つまり、週1時間からでも効果が期待できるのです。

たくさんの時間やお金をかけてダイエットをする必要はありません。インターバルトレーニングを週に3回程度、数十分かけて行ったり、ハイペースなウォーキングをしたりすれば効果は得られるのです。

大事なのは正しい方法を学び、着実に日常生活のなかで行動すること。

ものすごく大変なトレーニングをするのではなく、日常に少しだけダイエットを加えることで、健康的なボディを手に入れましょう。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

How much exercise do you REALLY need to do to lose weight? Here, five personal trainers give their expert verdict…-Mail Online

関連記事