たった15分で劇的に心身が楽になる!4つのシンプルな健康習慣

  • LINEで送る
2015.11.22

shutterstock_203072566

いつもの生活にほんの15分でできる習慣を取り入れるだけで、劇的に心も身体も楽になる。そんな4つの秘訣を『US News』からご紹介します。激しいエクササイズなどはなく、むしろ気軽で簡単な方法ばかりですよ。

■1:毎日の始まりに自分だけの時間を過ごす

目覚まし時計のけたたましい音によって、あるいは子どもにすがりつかれて仕方なく起きるのではなく、本当は爽やかに気分よく一日をスタートさせたいもの。

寝起きは本当に大変ですが、起きたら次の3つを5分ずつやってみてください。

(1)5分間の瞑想:なにも考えず、深くゆっくりとした呼吸を繰り返します。

(2)「感謝の言葉」日記をつける:短くて簡単な言葉でかまわないので、5分で感謝の言葉を書きとめましょう。

(3)今日の予定を確認:なにをする日? どんな一日にしたい? アグレッシブに?それともゆったりと過ごす?

その日をどう過ごしたいか思いを巡らせておくことで、メンタルがリハーサルをし、ストレスが軽減されるそうです。さらに、その場では冷静に対処できるので、より充実感が増すとか。

■2:冷蔵庫の野菜や果物はまとめて切って保管する

冷蔵庫で傷んでいく野菜や果物を見たときほど、食べものを無駄にした罪悪感に襲われる瞬間はありません。しかしこの方法により、そんなことは終わりにできます。

まとめ買いした野菜や果物は、その日のうちに全部切って、中身の見える透明な保存容器にいれておきます。

前回購入した分が残っていたら、その日のうちに消費してしまいましょう。お野菜なら全部入れスープに、果物ならマチェドニアにするのはいかがでしょうか。

一週間分の野菜を先に切ってしまうことで、その週の食事の準備時間がかなり節約できます。

買ったその日のうちに15分でサッとまとめ切りしておけば、料理のことが面倒で気分がめげることがありません。どんなに疲れている日でも時短で簡単に料理が済ませられるため、精神的にも負担が軽くなり、自炊もできてヘルシー。

■3:身体を柔らかくするストレッチを行う

身体の柔軟性は、健康にも怪我の予防にもとても大事。15分の簡単なストレッチで、体調を整えられます。身体がしなやかだと、日常生活のなかでうっかり躓いて怪我をしたりするのを防げます。

足を壁に向け、床の上に寝転びます。そして、足を壁に押しつけて身体を伸ばします。これだけなので、テレビを見たり、携帯をチェックしたり、本を読みながらでもできますね。

このストレッチは、膝の後ろのくぼんだ所にある「膝腱」を鍛えるもの。膝腱は腰痛や身体のコンディショニングにとても重要な部分なので、ストレチをすれば腰痛も軽くなるはず。毎日の生活もどんどん軽快になりますよ。

■4:いつもよりゆっくり歩く

お年寄りが公園を散歩する姿は昔からおなじみの光景ですが、これはとても健康によいものだそうです。

1日3回毎食後15分くらい、普通に歩く速度よりもゆっくり歩きましょう。時速2キロが理想なので、普段の半分くらいのスピードです。朝ならバス停ひとつ分、ランチ後なら同僚とお喋りやミーティングをしながら、夕食後であれば1ブロック分くらい歩くのが目安だそうです

時間がないと、ちゃんとしたエクササイズはできないもの。でも、このようにブラブラ歩くだけで血糖値の上昇を抑えられるともいわれ、肥満などの慢性的な病気を防ぐ効果もあるそうです。また、日常に軽い動きが入ると、身体も心も軽くなりそうですね。

ふだん何気なくしていることのやり方を、少しだけ変えればいいだけのこと。私たちはつい効率や合理性を求めがちですが、これなら負担にもならないはずです。

(文/Zoe)

 

【参考】

4 Life Hacks That Will Improve Your Health in 15 Minutes or Less-US News

関連記事