数字の暗記には価値がない!数字に強くなるために真に大切なこと

  • LINEで送る
2015.11.24

suzie.20151124

『20代の君たちへ これだけはやっておきなさい』(川北義則著、KADOKAWA)というタイトルからもわかるとおり、本書のメインターゲットは20代のビジネスパーソンです。

しかしその内容の多くは、20代だけではなく30代にも響くものではないかという気がします。

ご存知の方も多いと思いますが、著者は『悪人のススメ』『遊びの品格』『大人の「男と女」のつきあい方』『半径3メートルの幸福論』など多くの著作を持つ人物。

サラリーマンとして15年を経て独立した経験を軸に、ここでは人生設計についてのアドバイスを行っているわけです。

第3章「20代の『学び』が人生を決める!」から、数字に関係する項目を引き出してみましょう。

■数字の意味を把握して数字に強くなる!

著者は社会に出たばかりのころ、先輩から数字に関するアドバイスを受けたことがあるのだそうです。

それは、「数字はうろ覚えでもいい。だがケタは間違えるな」というもの。いろいろな人から忠告してもらったなか、「役に立った」という点において、このひとことは大きかったのだといいます。

たとえばテレビのアナウンサーが、細かい数字を正確に末尾までおぼえていたとしたら、「すごい」と感心してしまうかもしれません。しかし現実的に、こういうことに大した価値はないのだと著者はいい切ります。

具体的にいえば、「日経平均が『2万210円』と正確におぼえるよりも、「15年ぶり、2万円超え」と理解した方が役に立つという考え方です。

「数字に強くなる」とは、数字そのものを正確におぼえることではなく、「数字がなにを伝えるか」を正確に把握できることが大切なのだということ。

たとえば商売をしている人が、数字の意味を把握できていないためにケタで間違えたとしたら、大変なことになります。そしてもちろん、ビジネスパーソンでも同じことがいます。

では、どうしたら数字に強くなれるのでしょうか?

答えは勘案で、「基本数字」、つまりスタンダードをおぼえればいいのだと著者は記しています。

■基本数字を覚えることで数字に強くなる

例を挙げましょう。

近年、外国人観光客が急増しており、2014年は1,341万人になったのだそうです。

日本の人口比で見れば、1割に達する数字。とはいえ、これを「すごい」というのは単純すぎると著者はいいます。

なぜなら、たとえばフランスへの観光客は8,300万人と、日本訪問客よりはるかに多いから。もちろん、先ごろのテロの影響が今後どのようなかたちで出てくるのかは定かではありません。が、少なくとも以前から、フランスは観光大国として認知されていたのです。

では、日本への外国人観光客が増えたことに意味がないのかといえば、そうでもないのだとか。

長い間、日本へ来る観光客は1千万人の大台を超えたことなかったというのがその理由です。ずっと800万人台で停滞していたというのですから、そういう意味では1千万人を超えたことは大きな出来事だったというわけです。

「数字のどこに注目するか」が大切だということかもしれません。

■ビジネス数字に関する2つのアドバイス

こうしたことから、数字に関して著者が若い人たちにできるアドバイスは、「スタンダードを知れ」「ケタを間違えるな」の2つだとか。

いまはなんでも、数字で説明することが多いはず。そんななか、数字を聞いて正しい判断ができる人は強いということ。

なぜなら数字とは、事実の一面を可視化したものだから。だからこそ数字による判断が苦手な人は、これからのビジネス世界についていけないだろうと著者は予測しているわけです。

ただし数字が万能かというと、必ずしもそうではないともいいます。よくいわれるように数字は嘘をつきませんが、スタンダードを知らなかったり、ケタを間違えたりすればいとも簡単に騙されてしまいます。

しかし、数字で騙せるのは、ものを知らない人たちだけ。数字を正確に判断できる人の前では、どう取り繕っても嘘はつけないと著者。

だからこそ重要なのは、「数字で嘘をつく者は、数字によって復讐される」という考え方。

数字の怖さをきちんと理解し、数字をきちんと理解することがなにより大切だということです。

個性の強い作家ではあるので、その主張の強さに抵抗を感じる方もいるかもしれません。しかし先輩の言葉を冷静に受け止めることは、少なくとも無駄にはならないはずです。

ビジネスパーソンとしての基礎体力を強化するという意味でも、素直な気持ちで読んでみる価値はありそうです。

(文/書評家・印南敦史)

 

【参考】

※川北義則(2015)『20代の君たちへ これだけはやっておきなさい』KADOKAWA

関連記事