翻訳ツールの誤訳原因が判明!実は「3つ以上の項目」がNG?

  • LINEで送る
2015.11.25

suzie.20151125

ちょっとした英文を翻訳したいとき、インターネット上の翻訳ツールを利用する方も多いのではないでしょうか。

ところが問題は、「翻訳がひどすぎて使いものにならない」ということ。でも『英文“秒速”ライティング Yahoo!翻訳でミスのない文章を書くルール』(平田周著、日本実業出版社)の著者は、「あるひとつの工夫」をすれば問題は解決できると主張しています。

■英語と文章構造がよく似ている「中間日本語」とは?

大切なのは、英語にしたい日本語を「中間日本語」になおしておくこと。聞きなれない言葉ですが、中間日本語とは「英語的な構造をした日本語」。

日本語と英語の文章構造が違いすぎるからコンピュータが誤訳してしまうわけで、だったら直訳してもきちんとした英語になるように、日本語の方を変えてしまおうという発想です。

たとえば「彼は北京駐在になった」という日本語をコンピュータに訳させた場合、表示されるのはAs for him, Beijing become to it.という意味不明の英語。

しかし日本語を「彼は北京勤務の任命を受けた」にするだけで、He received appointment of the Beijing duty.と正しく訳してくれるのです。

自動翻訳が使いものにならないのなら、使えるようにこちらが細工をすればいいという考え方です。

しかし、そうだとしたら、コンピュータがよく間違えやすい点をおぼえておいた方がより効率的です。

いくつかのポイントをチェックしてみましょう。

■修飾句が2つ以上の名詞にかかっている文は要注意!

コンピュータがうまく訳せない文章の一例が、修飾句が2つ以上の名詞にかかっているもの。

【原文】

新幹線や自動車、自転車のヘルメットのような物体の流線型は、すべて水中の魚の研究に由来している。

× The Shinkansen and a car, the streamline of the object such as the helmet of the bicycle come all from the study of the underwater fish.

流線型(たとえば新幹線、自動車、そして自転車のヘルメット)。

× Streamline(For example, it is the helmet of the Shinkansen, a car and the bicycle)

【中間日本語】

私たちは、流線型について魚から学んだ。それは、新幹線、自動車、自転車用ヘルメット、そしてその他に応用された。

We learned from a fish about a streamline. It was applied to the Shinkansen, cars, a helmet for the bicycle and others.

コンピュータは、すぐ隣にあるものだけを修飾していると勘違いすることがあるのだそうです。

たしかに、ひとつ目の翻訳では、自転車のヘルメットだけが流線型となり、2つ目の翻訳では、新幹線、自動車、自転車のすべてがヘルメットになってしまっています。

つまりこの場合は、「流線型を魚から学んだ」ことと、「流線型が新幹線、自動車、自転車用ヘルメットなどに応用されている」ことを分ければいいわけです。

コンピュータは、ひとつの文のなかに項目が3つ以上並んでいる場合、なぜか翻訳に苦労するのだといいます。

【原文】

その家族は、父と母と、彼らの子どもで構成されていることを私たちは発見しました。

× We found that the family consisted of the child of father and mother and them.(Yahoo!)

× Their families, and the father and mother, we have discovered that it is composed of their children.(Google)

■「Google翻訳とYahoo!翻訳」の微妙な違い

ところが「その家族は、父と母と、彼らの子どもで構成されている」にすると、GoogleはThe family is consisted of father and mother and their children.とうまく訳せたそうです。

しかしYahoo!はそれでも、The family consists of the child of father and mother and them.となってしまうのだとか。

そこで、「彼らの子ども」の「彼らの」を取ると、Yahoo!も次のように正しく訳せるのだそうです。

We found that the family consisted of father and mother and the child.(Yahoo!)

このように、3つ以上の項目が並んでいる文を英訳するときは、それらにかかる修飾が邪魔になるというわけです。

翻訳ツールを利用して文章を翻訳しないなら、「2」「3」を意識しておぼえておくとよさそうです。

(文/書評家・印南敦史)

 

【参考】

平田周(2015)『英文“秒速”ライティング Yahoo!翻訳でミスのない文章を書くルール』日本実業出版社

関連記事