時給6000円も!いま最も稼げる「サイドビジネス」トップ15

  • LINEで送る
2015.11.25

shutterstock_90247450

写真が趣味? それなら、サイドビジネスにしてみてはいかがでしょう?

「そんなに世の中甘くない」と思われるかもしれませんが、自宅での空き時間を使って副収入を得る道はたくさんあるのです。

日本ではクラウドワークスやランサーズが有名ですが、アメリカには『FlexJob』というパートタイムの求人サイトがあり、フリーランスやテンポラリー、在宅勤務、フレックスで時間を選べる仕事の求人が絶えずあります。

そのなかから、高収入なサイドビジネスを取り上げてみましょう。

■15位:トランスクリプト入力者(時給1,900円)

パートタイム、テンポラリー

動画や音声を、区切った時間ごとに文字起こししたデータがトランスクリプト。トランスクリプトのデータ入力をする仕事は、ひとりで集中して作業するのが好きな人に向いています。正確さと速さ、そしてプレッシャーに強いことが求められます。

■14位:コピーエディター、コピーライター(時給2,100円)

テンポラリー、パートタイム、在宅勤務

コンピューターや印刷による販売用の原稿を製作、校正する仕事。また、宣伝用の原稿や編集内容、ソーシャルメディアなどの原稿を執筆、編集することもあります。

■13位:簿記スタッフ(時給2,300円)

テンポラリー、フレックス勤務、パートタイム

簿記スタッフは、大企業からも小企業からも、パートタイムで常に多くの求人があります。おもに会計ソフトのQuickBooks が使われるので、ある程度の経験が必要となります。

■12位:製品写真家(時給2,500円)

テンポラリー、パートタイム、フリーランス

写真のサイドビジネスは、失敗の許されない仕事。そのため高度な撮影技術と、写真の編集および修正のできるソフトウェアに精通していることが条件です。

経験者であること、Photoshop などのグラフィックソフトを使った経験があればさらによいでしょう。

■11位:リード・ジェネレーション業務(時給2,500円)

フリーランス、パートタイム、在宅勤務

リード・ジェネレーションとは、「見込み客を獲得するための活動をする」仕事。さまざまな企業や営業開発チームに雇われて、客を調査し、ターゲットを絞り込み、予約を取りつけます。高いモチベーションと決断力、交渉術が必要です。

■10位:法廷(弁護)通訳者(時給2,600円)

フリーランス、短期契約

多言語を使いこなせて、法律関係の職務経験があることが条件。語学力を用いて、法律関係の書類を見ながら、特殊な訴訟や問題を扱う弁護士をサポートする仕事です。

■9位:商品企画コーディネイター(時給2,600円)

テンポラリー、フリーランス、短期契約

商品企画の経験が少しでもあることが条件。商品企画部のサポート役として、他の部署からのレポートやサンプル、最新情報を更新する仕事です。

■8位:教育レビューアー(時給3,000円)

パートタイム、在宅勤務

アメリカの教育レビューアーは、資格を持つさまざまな分野の教師の授業風景をビデオで見て、その教師を観察し、評価するのが仕事です。国内各地の教師自らがビデオを送ってきて、レビューアーに評価を求めます。

■7位:オンライン通信管理者(時給3,075円)

在宅勤務、パートタイム

フェイスブック・グループのようなオンライン・コミュニティーを立ち上げて管理する人のこと。コンテンツをアップデートしたり、ソーシャルメディアを管理するのが仕事です。

■6位:ソフトウェア開発者(時給3,700円)

フレックスタイム制、パートタイム、在宅勤務

ソフトウェア開発は、今日もっとも需要のある仕事のひとつ。プロジェクトに基づいて、ウェブサイトやアプリの開発をしたり、すでにあるウェブサイトをアップデートしたりします。

■5位:ウェブデザイナー(時給3,900円)

パートタイム、在宅勤務、臨時雇い、フリーランス

グラフィックソフトを使って、ウェブサイトのデザインをするデザイナーのこと。デザインの経験とクライアントとの交渉術が必要。

■4位:手話通訳士(時給4,500円)

パートタイム、フリーランス

手話を習得していて、州が支援する通訳資格を持つ人。聴覚障害者と他の人のコミュニケーションを手助けする仕事。裁判や政見放送の手話通訳は資格が必要。

■3位:経営コンサルタント(時給5,900円)

パートタイム、在宅勤務、フリーランス

地方企業をはじめ、全国規模および国際的規模の企業からの依頼で、経営に関する相談、経営の見なおし、業績を上げることを目標とする仕事。幅広いマネージメント経験が必要とされます。

■2位:町案内専門ライター(時給6,000円~12,000円)

フリーランス、在宅勤務

旅行や観光をしたい人や、不動産を見て回りたい人に、町案内サービスを専門として、その街の人口規模や買い物、娯楽、文化、気候、交通など様々な情報を提供するのが、この仕事です。

■1位:教育コーディネイター(時給6,000円)

テンポラリー、パートタイム

日本の学校の教育課程は、文部科学省や地域の教育委員会を経て各学校で詳細が決められますが、アメリカでは、専門の教育を受けたコーディネイターが各教育機関に依頼されて、教育カリキュラムの開発、コーディネイト、翻案に取り組んでいます。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

15 high-paying jobs you can do on the side-Business Insider

関連記事