600kcalも消費!本気で痩せたいときに試すべき6つの運動

  • LINEで送る
2015.11.26

shutterstock_273963020

女性なら誰でも、いつまでも若々しくスリムで美しくいたいと思いますよね。

しかし、現実は厳しいもの。そんな願いをよそに、年齢とともに体型が変わってきたり、代謝が悪くなって痩せにくくなったりしてきます。

やはり美しさを保つには、食事制限だけではなく、運動も不可欠。

そこで、本気でカロリーを消費しようと決意したときに試してみるべき6つの運動を、『Cheat Sheet』からご紹介します。

■1:ランニング(900~1,500キロカロリー)

「それができたら悩まないよ」という声が聞こえてきそうですが、カロリーを手っ取り早く消費するには、やはり王道のランニングが一番。

走るペースや体重にもよりますが、1時間走ることで900から1,500キロカロリーを消費することも可能なのです。

走るためのモチベーションを保つため、「健康的に体のなかから若返ることができ、免疫力も上がる」というメリットを意識し、マインドを変えてみると続くかもしれません。

■2:ボクシング(816キロカロリー)

休みの日や仕事の後に、ストレス発散も兼ねてボクシングをはじめてみるのもおすすめです。

65キロ~68キロくらいの人であれば、1時間のボクシングで消費できるカロリーは816キロカロリーにもなります。

ボクシングは血圧が気になる人にもピッタリな運動で、脳出血など血管の病気も予防できます。

さらに、元気になるホルモン、エンドルフィンの分泌も活発になり、気分もスッキリするというメリットがあります。まずは趣味程度に、軽めにはじめてみてはいかがでしょう。

■3:サッカー(600キロカロリー)

友人などとゲームを楽しみながら、自然とインターバルトレーニングをしていることになるので、1時間に600キロカロリーも消費できます。

継続的に走り続けることで効率よくカロリーを消費できるだけでなく、ボールをコントロールすることで体が柔軟になるというメリットもあるのです。

■4:なわとび(800~1,000キロカロリー)

誰でも子どものころ、夢中になってなわとびをした経験があるでしょう。楽しみながらなわとびを続けることで、800キロカロリーから1,000キロカロリーも消費できます。手軽にどこででもはじめられるのが、なわとびの魅力でもあります。

■5:階段登り(1,160キロカロリー)

「こんなの絶対にやりたくない!」と思ってしまうかもしれませんが、その効果を知ったら否定してはいられなくなるかも。

この階段登りのカロリー消費は、72キロの人が1時間やると1,160キロカロリーにも及ぶのです。それに最大のメリットは、いつでも日常生活に取り入れやすいということでしょう。

■6:スカッシュ(1,034キロカロリー)orテニス(689キロカロリー)

友人を誘って、テニスやスカッシュをするのもおすすめです。スカッシュでは1時間あたり1,034キロカロリーも消費でき、テニスでは689キロカロリー消費できるというデータがあります。

テニスやスカッシュのいいところは、小刻みにダッシュしたり、飛び出したり、上半身をひねったりすることで、カロリー消費だけではなく、全身の引き締めもできること。美しい体をつくり上げることができるのです。

「運動はつらいし、時間もなくて続けることが難しい」だからこそ、誰もが簡単に痩せられる方法をいつも探しています。しかし、本気で痩せたいなら、覚悟を決めて王道のさまざまなスポーツにチャレンジしてみるとよいでしょう。

できることからはじめ、「できること」を続けることがダイエットのコツ。

痩せることだけにフォーカスせず、視野を広げ、健康な体づくりや美しくなることに目を向けてみましょう。

(文/hazuki)

 

【参考】

Want to Really Burn Calories? Try These 6 Activities-CheatSheet

関連記事