世界的に見ると日本の万単位はレア表現?外国人が戸惑う数字の桁

  • LINEで送る
2015.11.26

shutterstock_306575903

「数の数え方は万国共通」

なんとなく、そんなふうに思っていませんか? でも、実はそんなことはないのです。特に数が大きくなると、桁の数え方は国によって違ってきます。

実は、日本の桁の数え方は世界の言語のなかでは少数派。外国人から見ると、どんなところが難しいのでしょうか? 現役日本語教師のぽんさんに伺ってみました。

■どんな言語でも数字の読み方は難関

「数字の読み方は、外国語学習において難関のひとつ。おぼえる量が多い上に使用頻度も高いからです。まず単純に1から10までの10の単語をおぼえなければなりませんよね。さらに100、1,000と数が大きくなると桁の読み方もおぼえなければなりません」

英語ならまだなんとなくわかりますが、たとえばタイ語などを勉強しようと思ったら、1から10までの読み方をおぼえるだけでも大変そうですよね。

「値段、時間、住所など、数字は日常生活でかなりの頻度で登場します。なかでも値段の読み方は、桁が大きい数字を使うことが多いので大変なのです」

たしかに英語を勉強したとき、特に大きい数字の読み方をおぼえるのに苦労した記憶があります。では外国人が日本語の数字の桁を学ぶとき、どんなことに苦労するのでしょうか?

■日本の桁はゼロ4つでひと区切り!

「外国人がつまずきやすいのは、『千』と『万』です」

ぽんさんによると、英語、フランス語、ドイツ語、またロシア語やベトナム語などでも、数字の桁は『千』でひと区切りなのだそう。これらの言語ではゼロ3つで桁が変わっていきます。

例えば、英語なら1,000で『thousand』、10,000で『ten thousand』ですよね。そして1,000,000で『million』と、ゼロ6つで桁の呼び方が変わります。このように『千』でひと区切りにする言語が多いのです。

対して日本はゼロ4つごとに桁が変わります。ゼロ4つで1万、そして10万、100万と増え、ゼロ8つで1億に変わります。

これが「千ひと区切り」の国々の人からすると非常にわかりにくいのです。中級や上級の日本語学習者でも1万のことを「10千」と言ってしまう人が少なくないそうです。

ちなみに中国語と韓国語は日本語とほぼ同じ数え方ですが、タイ語は100万までそれぞれ桁を表す言葉が別々にあり、それ以上は2つの桁を組み合わせて表現するのだとか。それも勉強するのが大変そうです。

ふだん何気なく口にしている数字の桁ですが、言語によってこんなに違うものだとは思いませんでした。他の国の言葉を勉強するとき、気をつけてみるとおもしろいかもしれません。

(文/スケルトンワークス)

 

【取材協力】

※ぽん・・・北海道の日本語学校で留学生に日本語を教える日本語教師。留学生の思いもよらぬ質問に笑ったり悩んだりしながら日々奮闘中。

関連記事