5色の食材を意識すべし!健康をキープできる3つのご飯の食べ方

  • LINEで送る
2015.11.30

karada2

身体をつくる上で食べものが大切だということは、多くの方が理解しているはず。では、いつまでも健康で元気に過ごすためには、実際にどんなことを心がければいいのでしょうか。

ということで、食べるときに意識すべきことを、NHKの朝の情報番組「あさイチ」でも大人気の足立洋子さんの新著『スーパー主婦・足立さんのからだがよろこぶ健康ごはん』(講談社)から学んでみたいと思います。

■1:旬のものをいただく

まず健康を保つために大切なのは「旬のものを食べる」こと。旬の食材はもっとも新鮮でおいしく、栄養価も高くなっています。

春は山菜や、果物ならいちご、夏はきゅうりやなす、秋なら芋類、冬は根菜などを活用するようにしましょう。身体も旬の食べものを欲しています。

特に季節の変わり目に体調を崩しやすい方は、旬の食べものを食べることを心がけてみてくださいね。「旬の食べものとは年に一度の出会い、一番おいしくいただく方法で楽しみましょう」と足立さんもいっています。

■2:色を食べる

2つめに足立さんが提案しているのは、「彩りのよいカラフルな食事を食べる」こと。

カラフルで彩りのよい料理は目で見て楽しいだけでなく、栄養バランスもいいのです。

なお、自然の食材には大きく分けて5つの色があります。

血液の巡りをよくする「赤」、消化の促進や気力の衰えを改善する「黄」、余分な熱を沈める「緑」、皮膚をうるおす「白」、老化を防止する「黒」。

これは中国薬膳の考え方のひとつでもあります。

ついつい茶色い食事になってしまいがちですが、少量でもいいのでビタミンカラーの野菜を取り入れましょう。

■3:ひとつの鍋で満点ごはん

最後に足立さんがおすすめするのは「ひと鍋で満点ごはん」。

なんでもかんでもひと鍋に入れてしまうということではなく、「ひと鍋でできて、調理時間も短縮でき、洗いものも少なく、こんな幸せごはんなら楽しいでしょう?」という、忙しい人にでも親近感の湧く提案です。

ひと鍋で満点ごはんのポイントは食材の取り合わせもよく、色合わせもおいしく見えて、なおかつおいしいこと。

そんなレシピが、『スーパー主婦・足立さんのからだがよろこぶ健康ごはん』にはたくさん掲載されています。たとえば、野菜や中華麺を熱いスープにしゃぶしゃぶして食べる「ラーメンしゃぶしゃぶ」といったレシピが、この寒い時期にピッタリ。

ぜひ参考にして、今日から健康ごはんで寒い冬を乗り切っていきましょう。

(文/料理家・まつながなお)

 

【参考】

足立洋子(2015)『スーパー主婦・足立さんのからだがよろこぶ健康ごはん』講談社

関連記事