誰かと結婚しなくても幸せは手に入る!お一人様の8つのメリット

  • LINEで送る
2015.12.09

shutterstock_128967065

日本では結婚する人が減る傾向にあります。

2012年には年間約67万組が結婚していますが、これはもっとも多かった1972年の約110万組にくらべると6割程度です。

高学歴化や生き方の多様化など原因はさまざまですが、パートナーを持たずにひとりでいることにはどんなメリットがあるのでしょうか?

『Cheat Sheet』を参考に、おひとりさまのメリットをご紹介します。

■1:ケンカする必要がない

どんなに仲のいい2人でも、考え方がまったく一緒ということはありえません。田舎に住むか都会に住むか、ベッドかふとんか、朝はパンかごはんかなど、さまざまな考え方の違いがあるでしょう。些細なことほど、じわじわストレスになるもの。でも1人なら、そんな面倒くさいことをする必要はありません。

■2:合わない人と過ごさなくていい

カップルの中には、「1人になるのが怖いから」という理由でまったく合わない人と一緒に居続けている人がたくさんいます。

別れるのが怖いばかりに、一緒にいても幸せになれない人と、長い時間を過ごしてしまうのです。そんなのは、はっきりいって時間の無駄。1人のほうがよほど幸せで充実した時間を過ごせます。

■3:時間はすべて自分のもの

おひとりさまは、自分のためだけに時間を使うことができます。なにをするのも自由です。誰にも気を使わなくていいのです。新しい趣味をはじめたり、習いごとをしたり、気の合う友だちと食事に行ったり……。充実した時間を過ごして、自分を磨きましょう。

■4:友だちを大切にできる

恋人ができると、予定はすべて恋人を中心に立てざるをえません。金曜の夜に夜通しカラオケしたり、友だちの誕生日パーティーをしたりするのは難しくなります。たくさんの友だちとの関係を大切にできるのも、おひとりさまの強みです。

■5:どんなことも自由にできる

恋人がいるということは、気を使わなければならない相手が常にいるということ。恋人がいると、異性と食事したり、夜遅くまで飲んだりするとき、なんとなく後ろめたい気持ちにさせられます。

その点、おひとりさまは自由です。休日に1日中マンガを読んだって、ハイキングしたって、誰も文句をいいません。

■6:女子会に参加して健康が維持できる

ハーバード公衆衛生大学院の研究によると、友情によって病気にかかりにくくなるのだそう。友だちと話すことでストレスが解消され、満足感を得ることができるのだといいます。おひとりさまは気兼ねなく女子会にも参加できます。

■7:嫉妬と無縁で生活できる

恋人がいると、多かれ少なかれ必ず嫉妬がつきまとうもの。嫉妬はする側もされる側も、多大な労力を使います。おひとりさまなら、彼氏のスマホを見たい誘惑と戦ったり、Facebookの異性からのコメントをチェックする必要もありません。

■8:シンプルに人間関係を保てる

恋人ができたら、関係を持たなければならないのは恋人だけではありません。

恋人の家族はもちろん、恋人の友だち、同僚、もしかしたらペットとも関係を築かなければならないかもしれません。しかも彼らは、その恋人とつきあっている以上縁は切れないのです。こんなにわずらわしいことはありません。

おひとりさまは意外と人生を満喫できるようです。人生は、恋人をつくることや結婚だけがすべてではありません。さまざまなことに目を向ければ、もっと豊かに暮らせるのではないでしょうか。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

8 Reasons It’s Better to Be Single Than In a Relationship-Cheat Sheet

結婚に関する意識-厚生労働省

関連記事