10代女子に伝えたい!幸せな人生を送るための5つのアドバイス

  • LINEで送る
2015.12.15

shutterstock_170272733

もしもタイムトラベルができて、10代だったころの自分にアドバイスできたら……。そんなふうに思ったことはありませんか? 豊富な人生経験を経たいまならわかることも、すべてが手探りだったあのころは気づいていませんでしたよね。

残念ながら過去に戻ることはできませんが、いま10代の人たちにその知恵を教えてあげることならできるはず。『Hindustan Times』の記事をもとに、10代女子のみなさんに読んでほしい、人生を幸せな方向に導く5つの知恵をまとめました。

■1:自分の趣味を堂々と人にいえるようになろう

「ジャニーズが大好き!」なんて恥ずかしくていえない。逆に、「洋楽が大好き!」なんてカッコつけているみたいでいいにくい。そんなことありませんか?

でも、どんな趣味だって、他人にとやかくいわれる筋合いはありません。人からどう思われようと、自分の好きなものを大切にしましょう。

年齢を重ねると、好きなものがある人はますます輝くようになります。長い年月同じものを愛してきた深みは、つけ焼き刃では絶対に手に入らないのです。自分に自信を持てるようになるためにも、周りを気にせず、好きなものはとことん追求しましょう。

■2:周りに合わせるだけの「女子力」なら捨てよう

10代のときに同性からも異性からも好かれるのは、明るくてかわいらしい女の子です。でもそんな子を羨むあまり、とかく表面だけを真似してしまいがち。ヘアスタイルや髪の色、はたまたメイクまでみんな真似をして、気づけば同じ雰囲気になってしまっていませんか?

でも20代、30代と年を取っていったときに魅力的なのは、個性のある女性です。

個性があるとは、単に好き勝手な格好をしているということではありません。自分の長所も短所も知り尽くし、自分がいちばん輝く姿を知っている賢い女性こそが、個性ある素敵な女性なのです。

若さはいつかなくなってしまいます。でも10代のときからきちんと自分と向き合っていけば、その経験が積み重なって、ただ外側が可愛いだけでなく、内から湧き出る魅力が手に入るのです。

■3:心の底から信頼できる親友を見つけよう

女の子の人間関係は複雑なもの。親友だと思っていたら陰では悪口を言われていた、なんて日常茶飯事です。「同性より異性とつきあった方が楽」なんて思ってしまうこともあるのでは? でも同じ女子との絆を育むことをおろそかにしてはいけません。

人生は、思っているよりも長いもの。本当に大変な瞬間だって、何度も訪れます。失恋、家族の病気や死、そして子育て。そのとき頼りになって心から話を聞いてくれるのは、女友だちなのです。

就職して社会人になると、出会いの場は職場になってしまいがち。そうなると、心を許せる親友を新しくつくるのはとても難しいのです。10代のうちに本当に信じ合える親友を見つけておきましょう。

■4:新しいチャレンジをして世界を広げよう

いま、自分がどんな生活をしているか考えてみましょう。ほとんどの人は、学校と家、アルバイトなどの往復なのではないでしょうか。でもそんな生活がずっと続くわけではありません。近い将来、広い世界に羽ばたかなくてはならないのです。

そのとき、知らない場所を目指すことはできません。自分がやりたいことを見つけるためには、世界を広げる必要があります。

10代はとにかく自由です。時間だってたくさんあります。だからいまのうちに、新しいチャレンジをたくさんしておきましょう。アルバイトを変えてみてもいいかもしれませんし、思い切ってバックパックひとつで海外旅行に出てみるのもいいかもしれません。

失敗したって全然大丈夫。いまのうちに失敗し慣れておくことが、将来的には自信に繋がるのですから。

■5:運命の人に出会いたいなら自分らしく生きよう

いつか私にも、運命の人が現れる……。そんなシンデレラストーリーを信じている10代なんて、もういないかもしれませんね。それでも女の子なら、いつかは素敵な人に出会って、恋をして、結婚して、添い遂げたいとは思うはず。

そんな夢物語を現実にする方法は、ひとつしかありません。それは、自分らしく生きることです。周りの人が輝いて見え、「その人みたいになりたい」と思ってしまうこともあるかもしれません。でも運命の人は、誰もが羨む人とは限りません。

自分とぴったり波長が合って、一緒にいるだけで楽しくて、人生を共に歩んでいきたいと自然に思える人こそが、運命の人のはず。そのためには、自分を偽ってはいけません。いつも自分らしくいるからこそ、ありのままのあなたを愛してくれる人があなたを見つけてくれるのです。それに、もう一度よく見てみましょう。憧れのあの人だって、自分らしさが魅力なのでは?

10代のときは、いまが永遠に続くように思えるかもしれません。でも長い人生から見れば、10代は一瞬の煌めきです。どんな風に生きたって、後悔はするもの。でもだからこそ、せめて自分らしく生きることが幸せの秘訣なのです。納得いく人生を送るために、いまからスタートを切りましょう。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

Advice you would give to your teenage daughter-Hindustan Times

関連記事