8時間睡眠は心臓の健康にいい?調査でわかった睡眠と心臓の関係

  • LINEで送る
2015.12.19

shutterstock_234033160

毎日、何時間眠れていますか? ベストな睡眠時間についてはたくさんの説がありますが、やっぱりある程度多いほうがよさそうなイメージがありますよね。

1980年代の寿命と睡眠時間に関する調査では、7時間前後の睡眠の人がいちばん死亡率が低いという結果が出たり、4時間未満の睡眠の人は寿命が短くなるといわれたり、睡眠に関してはたくさんの調査結果があります。

今回のアメリカ、フロリダ州オーランドの新たな研究によると、心臓の健康にとっては少なくとも8時間以上睡眠をとるほうがよいことがわかっています。

今回は『Live Science』の記事を参考に、8時間睡眠と心臓の健康についての関係をまとめました。

■8時間寝る人は6時間未満の人より心臓が健康

研究では、平均睡眠時間の長さごとに人々をグループ分けし、米国心臓協会が提唱する「理想的な」心臓の健康のための7つの基準にどのくらいが当てはまるかを調べました。

その結果、8時間以上寝る人は6時間未満の人にくらべ、健康基準7つのうち6~7つを満たす場合が2.7倍以上も多いことがわかりました。

睡眠と心臓の関係について聞いたことがある気がする、という方もいるかもしれません。しかし、実はいままでの睡眠と心臓の健康に関する研究では、睡眠時間と心臓病のリスクの因果関係など、負の側面しか調べていなかったのです。2015年11月に発表された今回の研究は、睡眠が心臓の健康に与えるプラスの側面を調べた初めての研究です。

■大規模調査で睡眠時間ごとに健康条件を検証!

調査対象は、バプティストヘルス・サウスフロリダという健康に関する団体の従業員、9,700人です。

研究者は、彼らを睡眠時間の長さ(6時間未満、6~8時間未満、8時間以上)で3つのグループに分け、どのくらい心臓の健康に「理想的な」被験者がいるのか調べました。理想的な健康の条件とは以下のとおりです。

・血圧:120/80

・BMI:25以下(肥満度を表す体格指数)

・血糖値:140 mg/dL

・総コレステロール値:200 mg以下/dL

・運動:150分/週

・食事:米国心臓協会が提唱する10の基準のうち8を満たす

・喫煙:しない(呼気検査実施)

■研究者いわく「高卒女性は睡眠足りない傾向」

8時間以上の睡眠をとっている人々は、6時間未満の睡眠の人々にくらべて健康面で優れた生活を送っていることがわかりました。結果は以下のとおりです。

・理想的な食事を摂っている/1.6倍

・理想的なBMI値を持っている/1.7倍

・理想的な血圧/1.3倍

・十分な運動/2.4倍

また、研究者によると、睡眠時間が6時間未満の人々の多くは、大学の学位を持っていない女性でした。選ぶ仕事によっても睡眠時間には差が出ることも関係しているのかもしれません。

現在の研究段階では、6時間未満睡眠が、必ずしも心臓の健康にネガティブな影響を与えるとまでは断言できません。しかし、心臓の健康を高めたい人は8時間以上の睡眠をとったほうがよいということは示されたといえるでしょう。

長生きできるのは7時間睡眠、心臓の健康には8時間以上睡眠。

こう聞くと、いったい何時間睡眠がよいのか迷ってしまいますね。でも、ある程度の長い時間の睡眠が、人の健康に大切だということは間違いないのかもしれません。もし、睡眠時間が自由にコントロールできるとしたら、何時間睡眠を選びますか?

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

8-Hour Sleepers More Likely to Be Heart Healthy-Live Science

関連記事