連休中に寝すぎると早死にする?睡眠時間「9時間以上」は要注意

  • LINEで送る
2015.12.27

shutterstock_342003083

この年末年始に「寝だめしよう!」などと意気込んでいる人は要注意です。

寝すぎは身体に毒だということが最新の研究から判明しました。そこで、寝すぎが健康に与える影響を紹介します。

■「寝すぎ」「座りっぱなし」「運動不足」が危険

寝すぎが健康に与えるリスクは、喫煙や飲酒と同程度とも考えられています。特に、昼間もデスクワークが多く、ほとんど運動しない人は要注意なのだとか。「寝すぎ」ということだけでなく、複数の要因が組み合わさることで、健康へのリスクが大きくなるのです。

シドニー大学では、23万人を対象に調査が行われました。

調査では、対象者の飲酒、喫煙などの一般的に身体に悪いと考えられている生活習慣に加え、座っている時間の長さと睡眠時間を調べ、分析しました。そして、それぞれの習慣の組み合わせのなかで、一番死亡のリスクが高まる組み合わせを分析したのです。

すると、「長すぎる睡眠時間」「長時間のデスクワーク」そして「運動不足」の組み合わせが最も死亡のリスクが高いことが判明しました。

■もっとも重要なのは悪い習慣の「組み合わせ」!

「長すぎる睡眠時間」は、具体的には9時間以上の睡眠のこと。

これだけでは健康へのリスクはさほど大きくありませんが、「長時間のデスクワーク」と「運動不足」の2つの要素が加わることで危険度が増すのだといいます。ちなみに睡眠時間が7時間以下の場合も、喫煙や飲酒の習慣とセットになることで死亡のリスクが高まります。

研究を行ったチームの1人であるエイドリアン・ボウマン教授は、生活習慣の改善を試みる場合は悪い習慣ひとつひとつに注目するのではなく、いくつかの生活習慣の組み合わせがもたらす影響を考慮するべきだと主張しています。

世界中で3800万人が心臓病や糖尿病、がんなどの非感染性疾患で亡くなっています。これは感染性疾患よりもはるかに多い数字です。こうした非感染性疾患を予防するには、毎日の生活習慣が重要になってきます。適度な睡眠、適度な運動を心がけ、健康な毎日を過ごしましょう。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

Too much sleep is ‘AS bad for your health as smoking and drinking alcohol': More than 9 hours a night means you’re ‘4 TIMES more likely to die early’-Daily Mail Online

OEDC社会指標-OEDC

関連記事