日本一の塩屋が選ぶ「おにぎりをさらにおいしくする塩」13種

  • LINEで送る
2016.01.05

nihonichi1

国内外の塩を約300種類取り扱う「塩屋」というお店があるのをご存知ですか?

「しおや」ではなく「まーすやー」といいます。2004年に沖縄で産声を上げた塩の専門店です。

この塩屋さんのソルトソムリエは、料理が劇的に美味しくなる塩を『日本一の塩屋が選んだ塩101』(小学館)のなかで101種類も紹介しています。

去年は塩レモンや塩パン、塩麹など塩ブームだったので、塩の魅力にはまっている女性は多いはず。

そこで今回はこのなかから、いつものおにぎりがさらにおいしくなる塩をピックアップしてみました。

■塩には5つの味わいがある

まずは、塩の味わいから説明しましょう。

そもそも塩にはナトリウム、マグネシウム、カリウムが主要成分として含まれ、塩の味わいはこれらのバランスで決まります。

ナトリウムが多いと塩辛い味わいに、カルシウムが多いと甘味が強く、マグネシウムが多いと苦味を感じます。そしてカリウムが多いと酸味が強くなるのです。

また、それぞれの塩の味わいと食材の合わせ方を工夫するとぐっと料理がおいしくなります。

塩辛味:肉やパスタなど、素材そのものに塩味をしっかりと浸透させたいときに

甘味:甘味のある食材と合わせると素材の旨味が増す

苦味:苦味のある食材に合わせると苦味を抑制する

酸味:肉や魚の脂っこさを消してくれる

旨味:旨味のある食材と合わせるとコクとなり旨味を増す

同じ鰹だしでも、塩で味が大きく変わります。甘みのある塩を入れるとまろやかな口当たり、苦味の強い塩をいれるとすっきりとした味になるのです。

■おにぎりに最適な塩13種

ほかほかのご飯に塩を混ぜて握った塩むすびを食べるととても幸せな気分になりますよね。シンプルな塩むすびだからこそ、おいしい塩で食べたいと思いませんか?

塩の専門家ソルトソムリエがすすめる、おにぎりに合う塩は以下のとおり。ぜひ今年はおいしい塩でおにぎりをつくってみてください。

(1)与那国島【黒潮源流塩】

どっしりとした旨味と塩味が特徴。10日間かけて煮詰めてつくられています。

(2)宮古島【雪塩】

地下海水の成分を凝縮した粉雪のようなパウダー状の塩。天ぷらのつけ塩にも最適。

(3)久米島【球美の塩】

適度にしょっぱく、雑味が少ないまろやかでコクがありバランスのいい塩です。

(4)沖縄本島本部町【あっちゃんの紅塩】

沖縄特産の紅芋から抽出したポリフェノールの一種であるアントシアニンで色づけした、紅い塩です。

(5)長崎県【浜御塩】

まろやかで味のバランスがよく、なんにでも合う万能塩。燃料にはヒノキやスギなど対馬の間伐材で作ったチップを使っています。

(6)香川県【入浜式の塩】

ほどよく含まれる酸味が米の甘みを引き立てます。おかゆやゆで卵との相性も抜群です。

(7)長崎県【塩焚き爺の手造り塩 んまか塩】

じっくり炊いてつくったまろやかな塩。炊きたておにぎりはもちろん、冷めてもおいしいです。

(8)和歌山県【五代庵 梅塩】

紀州産の梅を漬け込んだ梅酢を天日乾燥で仕上げた塩。梅の酸味と旨味がいい塩梅です。

(9)石川県【奥能登揚げ浜塩】

旨味が強い塩で、おにぎりはもちろん野菜もおいしくします。海水を汲む段階から職人による手づくりのため、生産量が限られています。

(10)新潟県【佐渡の深海塩 一番塩】

海水温が低く常に一定で清浄性のたもたれた海洋深層水を使用しています。粒のキメが細かいのが特徴。

(11)愛知県【塩の道 足助直し】

江戸時代から続く塩問屋の9代目が復活させた伝統の合わせ塩。やわらかい旨味です。

(12)秋田県【男鹿半島の塩】

荒炊きから乾燥まですべての作業を平釜で行なっています。溶けやすくてやわらかい味です。

(13)宮城県【ほや岩塩】

ホヤの生産者がホヤパウダーとヒマラヤ岩塩を黄金比率で合わせた塩です。

普段なにげなく使っている塩ですが、おにぎりに合う塩だけでもこんなに種類が豊富なのです。まだまだ塩ブームも続いているので、この機会にこだわってみませんか?

また『日本一の塩屋が選んだ塩101』のなかには、すでにこだわり派の人にとっても新しい発見がきっとあるはずですよ。

(文/料理家・まつながなお)

 

【参考】

塩屋(2015)『日本一の塩屋が選んだ塩101』小学館

関連記事