日本と違って一人では書かない!アメリカのシナリオライター事情

  • LINEで送る
2016.01.22

shutterstock_323561228

三谷幸喜さんが脚本を手がけた大河ドラマ『真田丸』が好評です。

シナリオライターも売れっ子になると、大河の脚本を書けるのです。夢がありますね。

人はストーリーを求めるものであるだけに、最近はゲームからテレビドラマまで、多くの領域でシナリオが求められています。

だからこそシナリオライターのニーズは高く、なくならない職業だといえます。

ですが夢がある仕事だけに、参入者もとても多い世界です。しかも売れるまでが大変で、年収200万以下も多いのだとか。専業では苦しいだけに、旦那さんに収入がある主婦の方が多いのも頷けます。

安くてもやりたがる人が増え、価格破壊が起こっているのはウェブライターと同じ。そこで、気になる日米のシナリオライター事情を探ってみました。

■日本のシナリオライター最新事情

日本のシナリオライターは、いまでは幅広く活躍しています。

スマホゲームが流行しているため、シナリオライティングの仕事も多くあるからです。ですが一本数万円~十数万円と決して高くなく、労力の割に実入りが少ないといえます。とはいえ名前がクレジットされるため、やりがいは高いでしょう。

もちろん、テレビドラマのシナリオライターもいます。こちらもフリーランスで、テレビ局などに出入りしてシナリオを一本数十万円から数百万円で受託し、納品します。

いい脚本を書けばテレビで放送され話題になったり、また次のビッグな仕事につながったりもします。

ただし、稼げているシナリオライターはごく一握り。かなりの狭き門だといえるでしょう。テレビドラマの枠の数は限られているからです。

■アメリカのシナリオライター事情

アメリカはシナリオライターの市場が日本より大きいです。

FOXなどの番組がドラマを数多く流しており、一話ごとに脚本家は入れ替わります。総じて、数人で一作品を担当し、話数を割り振られて脚本を仕上げていきます。こちらもテレビドラマでは数万円~数十万円。

かなり多くのシナリオライターが存在しており、シナリオライターを派遣するエージェント事務所もあるようです。

ひとりで一話を担当するということは少なく、複数のシナリオライターで共同してストーリーを仕上げていきます。ここは、日本人が単独で担当するのとは異なりますね。

映画などでしたら巨額の制作費をかけていますので、複数人で脚本を担当しても予算的な問題はありません。その分、大きなやりがいをつかめる仕事であるでしょう。

■日米で層の厚さや視聴者に違いが

なんといっても、アメリカは視聴者の層が厚い!

アメリカ国内だけでなく、英語圏の他の国や日本でも放送されているアメリカのドラマや映画は、見ている人の数も桁違いです。そのためかけられる予算も大きく、アメリカのシナリオライターの方が食べていける可能性は大きそうです。

また世界中からシナリオライター希望者が押し寄せるため、競争も熾烈です。

エージェントに入って、上司に気に入られて、局で適切な打ち合わせをした上で、シナリオを納品しなくてはなりません。いい台本を書けば、仕事が無尽蔵にやってくるわけではなく、強烈なコネや人脈も必要になってくる世界。シナリオライターとして生き抜くには、サバイバル精神が必要なようです。

英語がネイティブレベルでできるなら、アメリカのシナリオライターを目指すのも夢があるでしょう。

また日本なら、日本独自のローカル文化に精通したシナリオが必要です。昔のドラゴンクエストなどは、神話の名前をモンスターやアイテムにつけるなど、教養が必要とされていました。ゲームや漫画、ドラマだけでなく、音楽や文学、芸術などの幅広い教養を必要とされる仕事です。

マニアックなシナリオでも、書き手はマニアではだめで、教養人でなければなりません。マルチな知識があると自信があるのなら、目指してみるといいかもしれません。

(文/渡邉ハム太郎)

関連記事