ピザの味がするビールが230円!? 世界の奇妙な飲み物18種

  • LINEで送る
2016.01.31

shutterstock_232358899

世界に数え切れないほど存在する飲みもののなかには、驚くほど変わったものがたくさんあります。

値段の張るもの、なかなか手に入らないものなど多種多様ですが、今回は『Travel Pulse』が発表した、世界でもっとも「奇妙な」飲料を18種類ご紹介します。

人生は一度きりとはいえ、一度も経験しなくてもいいと思えるドリンクのオンパレードかもしれません……。

■1:スコーピオン・ウォッカ(1本約1,800円)/イギリス

名前のとおり、ボトルのなかにサソリが丸ごと1匹入っている珍しいウォッカです。サソリは足を取り除くなど手をほどこせば、食べることもできます。日本でも輸入物が手に入るので、話のタネにいいかも?

■2:カンナビス・ドリンク(1缶約250円)/スイス

なんと大麻からつくられたソーダ。エナジードリンクの一種ですが、大麻に含まれる「THC」という、人をハイにする成分は入っていません。アメリカでもコロラド州で合法化されました。

■3:ホース・セメン(1杯約1,500円)/ニュージーランド

映画『ロード・オブ・ザ・リング』に登場するローハン国で、民が飲んでいるドリンクの名前です。りんごの香りがするんだとか。ニュージーランドのバーで20ニュージーランド・ドルで飲むことができます。

■4:アヤワスカ(非売品)/ブラジル

アマゾンのつる植物からつくられる幻覚性植物のお茶です。現在は、先住民のシャーマンが治療などの用途で使用しています。シャーマンの儀式に参加すれば飲むことができるかも。

■5:チチャ(1本約240円)/エクアドル

トウモロコシを発酵させたお酒です。原料には、トウモロコシ、イースト、砂糖などが使われています。日本でも通販で1本240円ほどで手に入ります。

■6:カエルジュース(1杯約200円)/ペルー

ペルーの屋台では、カエルをさまざまな原料と合わせてミキサーにかけてつくるカエルジュースがあります。注文すれば、目の前でカエルを調理して出してくれます。

■7:チリ・ウォッカ(1本約4,000円)/カナダ

辛さの値、なんと25万スコヴィルの激辛リキュール。瓶にはドクロのイラストが描かれていて、見た目から危険な感じがします。

■8:ピザ・ビール(1本約230円)/アメリカ

ピザが大好きなアメリカ人が、ついにこんなに変わったビールをつくってしまったようです。日本でも注目が集まり、いろいろなニュースサイトに取り上げられました。

■9:カモメのワイン(非売品)/北極

死んだカモメを水の入った瓶に詰め、しばらく日光に当てて発酵させるとできる、イヌイットのお酒です。酔いのまわりが早いのがメリットだとか。

■10:プルケ(1本約300円)/メキシコ

リュウゼツラン科の植物の樹液を発酵させてつくる、メキシコの伝統的な飲みもの。色は乳白色で、あまり日持ちがしないため多くは産地の近くで消費されます。輸入するのはとっても難しいそうなので、試したい方はメキシコを目指しましょう。

■11:樹皮ソーダ(1本約140円)/カリブ海

樹皮を煮込んだ汁からつくられた飲みもの。ルートビアに味が似ていて、後味が少し苦いといいます。こちらも日本では未発売のようです。

■12:ビルク(1本380円)/日本

日本からは北海道標津郡中標津町で開発された発泡酒、ビルクが選ばれました。ビールと牛乳(ミルク)にちなんで、「ビルク(ビール+ミルク)」名づけられたもの。牛乳を原料とした、ビールの風味の飲みものです。

■13:スリーペニスワイン(1本約1,880円)/中国

犬とアザラシ、そしてシカの性器からつくられた、とても変わったワインです。試飲欲はあまり掻き立てられませんね。

■14:エッグソーダ(1本約500円)/ベトナム

卵の黄身とコンデンスミルクとソーダが入ったとっても甘い飲みものです。ミルクセーキ感覚なのかもしれません。

■15:クミス(1杯約500円)/モンゴル

馬や牛、ラクダ、羊などの乳でつくるクミス。マルコ・ポーロは東方見聞録のなかで、「白ワインのような風味のある飲みもの」と紹介しています。

■16:キムチドリンク(1本約2,380円)/韓国

いわずと知れた韓国の国民食、キムチ。ですが、飲みものにすることについては国内でも賛否が分かれているようです。韓国国外通販では、話題性もあってか高値で取引されています。

■17:牛の血と牛乳(非売品)/ケニア

マサイ族の主食は、牛とその血、そして牛乳です。

牛で栄養を摂っているといっても過言ではないでしょう。血と牛乳の組み合わせは健康度が高く、頻繁に飲まれていたようです。どうしても試したい場合は、自作するか、マサイ族と交渉するしかなさそうです。

■18:蛇のワイン(1本約1万7千~2万4千円)/タイ

米や穀物を原料としたワインに、有毒なコブラを発酵させることによってつくられるワイン。怖いもの知らずの方なら飲めるかも。

飲んでみたいものはありましたか? チャレンジ精神豊富な方は、ぜひ一度飲んでみてください。

(文/スケルトンワークス)

 

【参考】

18 Of The World’s Most Bizarre Beverages-Travel Pulse

関連記事