1日5分「ワクワク時間」をもつべし!行動力のある脳を作る方法

  • LINEで送る
2016.02.09

DSC01524

『ハーバードで学んだ脳を鍛える53の方法』(アスコム)の著者・川﨑康彦氏は、ハーバード大学の医療機関の元研究員で、医学博士。輝かしい実績を数々残した方ですが、もともとは勉強もスポーツも人並み以下だったというのですから驚きです。

そんな著者の成功の秘訣が、脳を味方につけること。脳を上手に使えば、仕事や勉強、スポーツでよい結果を出すことができるというのです。

そのような考え方を軸に、本書では脳を効率的に鍛えるための「ワクワク」と「ハラハラ」を起こしやすくする53の方法が公開されています。

きょうは、第7章から「行動力のある脳を作る方法」をご紹介したいと思います。

■1:1日5分ワクワクすることをやってみる

やりたいことがあっても「時間がない」「距離が遠いから」といった理由で無理だと決めつけていませんか?

しかしハーバードの研究員たちの中には、それらをできない理由にする人はいなかったといいます。なぜなら、できない理由よりも、できるための手段を考えて行動しているから。

著者は本書で、仕事以外でワクワクできる時間を1日必ず5分持つように勧めています。これは時間や距離の概念から解き放たれるためのトレーニング。

たとえばブログを書いたり、好きな楽器を演奏したり、5分間自分が心の底からワクワクできる時間をつくるなど。ワクワクすることで、脳には集中力やエネルギーといったパワーがみなぎるそうです。

最初は5分からでも、徐々に無駄な時間を省いてワクワクできることをする時間を増やしてくのがポイント。

このトレーニングを続けていけば、人は次第に無駄な時間を削り、「いかにワクワクできる時間を増やすか」を考えるようになるとのこと。そうなれば、時間や距離などを理由に、諦めるクセも減ってくるというわけです。

■2:無理だと思っても「やります」と宣言する

人は不安があるとき、なかなか「できる」「やります」とはいえないもの。著者は中国に留学中、大きな会場でのDJのアルバイトを依頼され、最初は自分には無理だと断ろうと思っていたそうです。

ところが「ときにはハッタリをかけなければチャンスは掴めない」というアフリカ人の友人の言葉によって、チャレンジすることを決心。結果的に成功に終わったというのです。

著者によると、「できる」と宣言をしたとき、脳はとても「ハラハラ」していたとのこと。そしてそのハラハラが、「絶対に無理だ」と思うことでも実現できてしまえるように脳をチューニングしてくれたといいます。

■3:「恐怖はチャンス」だと唱える

「恐怖の原因になっていることは、チャンスになる」と自分に強くいい聞かせるというシンプルなトレーニングで、恐怖を軽減させることができるそうです。

著者は電話でのコミュニケーションが苦手で、電話をする前に小さな恐怖を感じてしまう人なのだとか。しかしこの恐怖から逃げず「電話を使うことはチャンスだ」と考え、すぐに取り組むようにしたそうです。

普段は存在しない脳の使い方をするため、当然ハラハラします。しかしこの訓練によって、電話が以前ほど怖くなくなったといいます。つまりこのトレーニングを続けることで、小さな恐怖が徐々に克服できるようになるというわけです。

■4:「スタートスパート」を意識する

ハーバードの研究員として着任早々、ボスからある論文の完成をオファーされた著者。不安はあったものの「やります」と宣言したことで、大きなチャンスを得ることができたそうです。

このことから、著者はラストスパートよりもスタートスパートが肝心だということを学んだといいます。大きなハラハラは発生したものの、それに比例するかのように大きな成果を出すべく、脳が稼働したのです。

著者は「できない理由を考える前に、できる方法を考えてみる。この繰り返しで脳は確実に活性化する」と主張しています。

本書で紹介されている方法は、お金も特別な道具も不要で、誰でも簡単にできるものばかり。脳を鍛えることは、決して難しいことではないのです。夢を叶えるためのヒントが満載の一冊。ぜひ、手に取ってみてください。

(文/椎名恵麻)

 

【参考】

川﨑康彦(2016)『ハーバードで学んだ脳を鍛える53の方法』アスコム

関連記事